自動車修理

エンジンオイルの役目について!オイルの交換時期の目安は?

投稿日:

エンジンオイルの役目について知りたくありませんか?

この記事では、エンジンオイルの役目について解説しています。

オイルの交換時期の目安について紹介しますね。

この記事の内容は次の通りです。

  • エンジンオイルの役目を簡単に説明!
  • エンジンオイルの交換時期の目安は?
  • 暖気運転をしない車は、早めにエンジンオイル交換をした方が良い!
  • オイルフィルター交換を忘れずに!
  • エンジンオイルを交換しないとどうなる?

エンジンオイルの交換時期の目安は軽四自動車も同じでいいの?交換しないとどうなる?

自動車のエンジンオイルの交換時期は、車種や使用状況によって異なります。

長期にわたってエンジンオイルを交換しないと、オイルの劣化がどんどん進み、最終的にはエンジンが焼き付いてしまう恐れがあります。

エンジンオイルの役目を簡単に説明!

車にとって最も重要な部分はエンジンです。

そのエンジンを正常に動かすために必要不可欠なものがエンジンオイルなのです。

エンジンオイルには、「潤滑」「密封」「冷却」「洗浄」「防錆」の5つの役目があります。

それぞれの役目を簡単に解説していきます。

潤滑

エンジンの内部では、ピストン、カムシャフト、クランクシャフトなど激しい運動が繰り返し行われています。

そのため、金属の部品同士が擦れ合い焼き付けを起こす恐れがあります。

エンジンオイルは、エンジン内の潤滑油となって、金属同士の摩擦を軽減し、エンジンの動きをスムーズにする役目があります。

密封

ピストンとシリンダーの間には、わずかな隙間があることで、ピストン運動ができるようになっています。

エンジンオイルは、この隙間を密封して燃焼によって作られてエネルギーが外に逃げ出さないようにしています。

冷却

エンジン内部は、摩擦や燃焼によって高温の状況になっています。

エンジンオイルは、内部を巡り熱を吸収して冷却する働きがあります。

洗浄

エンジン内は、摩擦や燃焼が原因で汚れが発生します。

内部に汚れが溜まってしまうと、エンジンがスムーズに動かなくなってしまいます。

エンジンオイルは、エンジン内を巡ることで、この汚れを洗浄する役目があります。

防錆

エンジン内部は、とても高温の状況なので、外部との温度差で水分が発生します。

この水分が金属の部品に錆が発生する原因になるのです。

金属の表面をエンジンオイルで覆うことで、錆の発生を予防する役目があります。

エンジンオイルの交換時期の目安は?

エンジンオイルの交換時期は、車種や使用状況によって異なります。

交換の時期は、車の取扱説明書で確認できます。

一般的には、「1万5,000km、または1年」を目安にエンジンオイルを交換すると良いと言われていますが、エンジンの種類や車種などによって異なるので、車の取扱説明書で確認することが的確です。

普通自動車と軽四自動車の区別ではなく、エンジンの種類によってオイルの交換時期が異なります。

特にターボ車やディーゼル車は、エンジンオイルが汚れやすい傾向があります。

そのため、早い時期での交換が必要になるので注意が必要です。

暖気運転をしない車は、早めにエンジンオイル交換をした方が良い!

エンジンが冷えている時は、ピストンとシリンダーの隙間が広くなっている状況です。

その状況で運転すると、ガソリンがピストンとシリンダーの隙間から漏れてオイルに混入してしまいます。

ガソリンで薄まったエンジンオイルは、粘度が弱まり性能が低下してしまいます。

このような状況で乗り続けると、エンジンを傷める原因になるので、通常よりもエンジンオイルの交換時期を早めた方が良い。

オイルフィルター交換を忘れずに!

エンジンオイルを交換する時は、同時にオイルフィルターも交換することが必要です。

オイルフィルター交換の目安は、オイル交換2回ごとに1回というのが基本です。

オイルフィルターは、エンジンオイルに混ざった汚れを取り除く役目があります。

長期間、オイルフィルターを交換しないと、オイルに混入した汚れを取り除くことができなくなり、オイルの性能を低下させてしまうばかりか、フィルター自体が詰まってしまうので注意が必要です。

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

長期にわたりエンジンオイルを交換しないと、エンジンオイルの役目である「潤滑」「密封」「冷却」「洗浄」「防錆」の働きが損なわれます。

潤滑機能が失われると、部品の摩擦で損傷する恐れがあります。

密封機能が失われると、燃焼によって作り出されたエネルギーが外に逃げ出してしまうので、パワー低下と燃費の悪化が生じます。

冷却機能が失われると、エンジンが焼き付いてしまいます。

洗浄機能が失われると、汚れの混入によりピストン運動がスムーズにできなくなります。

防錆機能が失われると、部品の錆び付きにより正常に動かなくなります。

エンジンオイルは、使用するにつれて熱や汚れの混入などによって劣化していきます。

また、使用していなくてもオイルが空気に触れることで酸化し劣化が進みます。

車の修理や交換の値段は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段だったというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。







-自動車修理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウィンカーの交換方法!交換は自分で簡単にできます

ウィンカーの交換方法について知りたくありませんか? この記事では、ウィンカーの交換方法について解説しています。 意外にも交換は自分で簡単にできます。 この記事の内容は次の通りです。 ウインカーランプの …

バンパーにキズを発見! どうやって対処する?自力でできる簡単修理

バンパーにキズを発見! どうやって対処する?自力でできる簡単修理ついて知りたくありませんか? この記事では、自力でできる簡単修理ついて解説しています。 この記事の内容は次の通りです。 バンパーにキズを …