ウオーキングのおすすめ情報

ウォーキングで自律神経のバランスを整えるには!

投稿日:

ウォーキングで自律神経のバランスを整えるに方法について知りたくありませんか?

この記事では、ウオーキングで自律神経のバラスを整える方法について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • ウオーキングと自律神経との関係は?
  • 自律神経の交感神経と副交感神経について
  • ウォーキングが効果!自律神経のバランスを整える方法とは
  • ジョギングよりもウォーキングが自律神経に効果的
  • 自律神経を効果的にするにはコツは!ゆっくり深い呼吸をする
  • 「夕食後のウォーキング」が理想的な運動
  • まとめ

ウオーキングと自律神経との関係は?

少し難しい話になりますが、人間には中枢神経と末梢神経があり、末梢神経は体性神経と自律神経の2つがあります。

体性神経は自分の意志で体を動かす働きがあり、自律神経は内臓の働きに関わるものですから、自分ではコントロールすることは出来ません。

自律神経には脳から心臓や肺、胃腸、肝臓など多くの内臓に指示を与え、コントロールする重要な役目があります。

そして、自律神経には上述したような交感神経と副交感神経がありますが、交互に働くことで体のバランスを保っているのです。

自律神経の交感神経と副交感神経について

交感神経と副交感神経は交代で活動しており、それぞれに活発に活動する時間帯が存在しています。

交感神経は、昼間人間が仕事をしている時間に活発化し、逆に副交感神経は人間が休む時間帯である夜間に活動するのです。

自律神経の中でも、交感神経がストレスを感じたり、働きすぎると体の冷え、胃腸の調子が悪くなる、倦怠感など体調に変化が現れやすくなります。

特に昼間に働きすぎたり、ストレスを感じることが多いとこのような症状が出ますから、副交感神経が活発に働く環境を整えてあげなければいけないのです。

ウォーキングが効果!自律神経のバランスを整える方法とは

仕事で忙しい、ストレスを受けることが多く自宅でリラックスする時間が少ないと、自律神経のバランスが徐々に崩れて、自律神経失調症やうつ病を発症する可能性が高くなります。

自律神経を整えるには、食生活や睡眠、日常生活のリズムを整えることも大切ですが、適度な運動で解消するのも効果的です。

誰にでも出来て、体への負担が少ないウォーキングではゆっくりと呼吸をすることで副交感神経の働きがか活発になります。

外でウォーキングすると気分転換になり、ストレスを解消するには最適な運動なのです。

ウォーキングに適しているのは朝よりも夜間であり、仕事が終わり、食後に行うと血流が良くなります。

血流が良くなることで、疲労回復も出来ますし、腰痛や肩こりの改善にもつながるのです。

また、ウォーキングにはこのような効果以外にも、運動不足の解消、生活習慣病の予防、ダイエットなどの効果もあり、歩くだけでさまざまな健康効果を得られます。

毎日ウォーキングをするのが健康の為には良いのですが、忙しく時間が確保出来ない場合には週に数回でも構いません。

運動が出来ない時には、自宅で数回深い深呼吸をするだけでも気分がスッキリします。

これからも元気で働く為には、心身ともに健康でなければいけませんから、ストレスを上手に解消しながら日々を過ごしましょう。

ここまで述べた内容に取り組んでみても、体の不調がなかなか改善されないようでしたら、早めに精神科や心療内科のある病院で診てもらうことが大切です。

ジョギングよりもウォーキングが自律神経に効果的

健康維持のために運動を心がけている人はたくさんいます。

中でも、ジョギング(ランニングを含む)人口は、2007年より開催されている東京マラソンの影響もあり、800万人を超えていると言われています。

テレビや沿道でマラソンを目にして、ジョギングを始めようと思われる人も多いでしょう。

そんな大人気のジョギングですが、もしも「健康維持」を望むのであれば、ジョギングではなく「ウォーキング」をお勧めします。

もちろん、運動能力を高めたり、筋力をアップさせたりといったトレーニング効果を求めるのであれば、ジョギングは身近な方法でしょう。

しかし、ジョギングのほうがウォーキングよりも健康効果が高いかというと、それは別問題です。

実際には、ウォーキングのほうがジョギングよりはるかに健康効果は高いのです。

ジョギングは運動量が大きいため、どうしても呼吸が速く、浅くなり、副交感神経のレベルを下げてしまいます。

とくに中高年の方は、そもそも副交感神経のレベルが低下しているので、それをさらに下げるような運動は、健康維持効果があるどころか、かえって体を老化へ追いやる可能性があるのです。

私たちの呼吸は、速く走れば走るほど浅くなります。

ジョギングよりはランニング、ランニングよりは100メートル走の方が呼吸は浅くなります。

そうして、呼吸が浅くなると、血流は低下してしまいます。

血流が低下するということは、末梢の細胞や神経に酸素や栄養が行きわたらなくなるということです。

血流が完全に止まってしまえば、細胞は死んでしまいます。

運動により呼吸が浅くなった状態では、完全に血流が止まるわけではありませんが、危険といっても過言でないほど血流が激減することは事実です。

ですから、「健康」ということを考えるのであれば、呼吸が浅くなってしまうような運動はよくありません。

健康効果を望むのであれば、ウォーキング程度の軽い運動で充分です。

自律神経を効果的にするにはコツは!ゆっくり深い呼吸をする

研究によると、現段階で自律神経を確実にコントロールできるのは「呼吸」です。

ゆっくりとした深い呼吸をすれば、副交感神経が刺激され、血管は開き末梢血管の血流量が増えるという測定結果が出ています。

そして、血流がよくなると筋肉が弛緩するので、体はリラックスします。

ウォーキングのよい点は、「呼吸を意識する時間がたくさんある」ということです。

呼吸で大事なのは、自律神経の中でも、副交感神経を上げるということ。

交感神経を高めて血管を締めるのは簡単ですが、それを広げる作業というのが難しいのです。

呼吸は特に吐く息が重要になります。

1で吸って、2で吐く、吐くほうを長くします。

ゆっくり1数える長さで息を吸い、その倍の時間をかけて吐くだけです。

これは息を吐くときには頸部(首・のどのあたり)にある受容体が反応して、それが自律神経を刺激して副交感神経を高めるからです。

そうやって吐くほうに意識をもっていけば、血管が開き細胞にも血流が行きます。

「夕食後のウォーキング」が理想的な運動

では、ウォーキングの時間帯ですが、いつするのがいいのでしょうか。

お勧めは「夜」です。

夕食後から寝る1時間前までに、30分から1時間ほどゆっくりウォーキングをすることが理想です。

夜は副交感神経が優位になる時間帯なので、そのときに交感神経を刺激することを進めるなんて矛盾しているようですが、そうではありません。

なぜならば、激しい運動をしなさいといっているわけではないからです。

自律神経を整えることを目的とした運動は、ウォーキング程度、高齢者なら散歩と思っていただいて結構です。

朝は交感神経が高い時間帯なので、血管が収縮して体が硬くなるため、運動でけがをしやすくなりますが、夜の適度な運動は末梢の血管を開きます。

とくにデスクワークの人が一日の終わりに感じている肉体疲労はうっ血によるものなので、夜にウォーキング程度の軽い運動をすると、血流がよくなりかえって疲れがとれます。

また、末梢血管の血流がよくなるので、眠りの質が上がります。

さらに、末梢の血流がよくなることで、肩こりや腰痛、首の痛みなども軽減される効果もあるのです。

まとめ

ウォーキングが自律神経に与える良い影響についてご説明しました。

ウォーキングは、ジョギングよりはるかに健康効果は高いのです。

ジョギングは運動量が大きいため、どうしても呼吸が速く、浅くなり、副交感神経のレベルを下げてしまいます。

一方、ウォーキングのよい点は、「呼吸を意識する時間がたくさんある」ということです。

つまり、ウォーキングは、呼吸が深まるので、副交感神経を上げる効果があります。







-ウオーキングのおすすめ情報
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

代謝アップはとにかく大股でウオーキングが最適!

代謝アップはとにかく大股でウオーキングが最適って知りたくありませんか? この記事では、代謝アップはとにかく大股でウオーキングが最適について解説しています。 この記事の内容は次の通りです。 ・代謝アップ …

ウオーキングで効果的な歩き方!効果がでるまでの期間とは

ウオーキングで効果的な歩き方ついて知りたくありませんか? この記事では、ウオーキングで効果的な歩き方ついて解説しています。 ウオーキングで効果がでるまでの期間ついて紹介しています。 この記事の内容は次 …