コロナ下で絶対に夫婦がしてはいけないこと。コロナ離婚を防ぐためには

コロナ離婚

コロナ離婚には2つの傾向がある

新型コロナウイルスの脅威によって、多くの人に価値の変化が起きています。その1つが、自分にとって大切な人を考えた結果の「コロナ離婚」という選択。前回記事では、実際にコロナ離婚した方やコロナ離婚しそうな方に話を聞きました。  すると、コロナの離婚(破局)には2つの傾向があることがわかってきました。 ・元々あった問題が、コロナによって修復不可能になった ・片方にひっそり大きな変化が生まれ、別れが突然起きる  実際には、コロナ感染拡大後の離婚件数は、まだ統計が出ていないので、本当に増えているのかわかりません。離婚相談やDV相談が増えている、という証言がいくつかあるぐらいです。  ただ、もし本当に離婚を考える人が増えているのなら…私は1つ疑問に思うのです。そもそも生き物は命の危機が迫るとき、子孫を残す行動を取ろうとすると言われます。でもコロナ離婚は、子孫を残すのとは逆の行動にも見えます。一体どういう心理が働いて、離婚したくなるのか。また、コロナうつなど、コロナによって起こる心の変化との関係性は?  そんな疑問を、新宿ストレスクリニック梅田院院長、初村英逸医師に聞きました。

「コロナ離婚」したい気持ちはなぜ起きる?

離婚理由の第1位は、価値観や性格の不一致。コロナ離婚も、おそらく生活の変化によって性格の不一致がより浮き彫りになって離婚……だと思いますが、専門家はどういう風に見ているのでしょうか。 「コロナ離婚が起きる原因は、人との距離感の変化です。人間関係は、家族であっても適度な距離感がうまくいくカギです。しかし、コロナで自宅に籠らなくてはいけなくなった結果、人との距離が取れなくなる。そして今まで見えていなかったモノが見えたりと、関係に不満が出てくるんです」(初村医師。以下同)

喧嘩

※写真はイメージです(以下同)

もちろん、ポジティブな気づきにも繋がる場合もあります。頼りないと思っていた夫が、コロナ禍でも冷静に情報収集していて見直した!なんて話す友人もいました。しかし、気付きの多くは、ネガティブな方向に振られてしまうようです。 「夫婦といえども、ある程度はお互いが役割を演じることで成り立っています。しかしコロナによって距離も変わり、ストレス状態になると、理性を失わせます。その結果、出てきた不満に過剰に反応してしまい、より関係悪化につながるのでしょう」  いつもなら見えないものが見えやすい。そして普段ならやりすごせる不満がやりすごせない。心の中も、人知れず緊急事態になっているようです。

命の危機に、どうして別れたくなるのか

冒頭で「生命の危機になぜ子孫繁栄と逆の行動を取るのか?」という疑問を投げかけました。もちろん生命の危機だからこそ、自分にとっての大切なものだけを残そうと選択する気持ちも理解出来るのですが……先生に質問すると、こんな仮説を教えてもらいました。 女性「我々は生きるうえで、2つの要素を本能的におこなっています。それが、『生命の維持』と『生命の保存』です」 ・生命の維持:自分の命を寿命まで持たせること。食事や睡眠を適切に取り、自然災害から守ること ・生命の保存:生殖活動によって子孫を残すこと。動物としての本能 「コロナ離婚の場合、この『生命の維持』を優先した可能性が高いです。自分の命や大切な人の命を守るために人間関係を取捨選択した結果、夫はパートナーとして不適格だと判断したのかもしれません。統計を取ったわけではありませんが、特に女性はこういった非常時には生命力が強いように感じています」

コロナ離婚したくなったらor提案されたらどうする?

最後に、「実際に別れを告げられたらor告げたくなったら」どう対処したら良いのかについて聞きました。 「まず、コロナ禍といったイレギュラーな環境下では、ストレスによってご自身の思考判断力が低下することを分かってほしいです。そういうときに、離婚や結婚、退職など、人生に大きな変化をもたらす重要な決断は、基本的に決めない方がいい。保留にすべきです。もちろん健康問題が出ていたり、別の問題が迫っていたりする場合などを除きます。理性的になったとき、『あのときなんであんな選択したんだろう…』と後悔しないために、覚えておいて欲しいことです」

コロナ下では「理解」を求めてはいけない

パートナーシップといえば「理解」に重きを置く夫婦も多いですが、ストレスフルな状態は、この「理解」が落とし穴になることも。 話し合い「人は理解を求める生き物ですが、理解を求めすぎると『なんで分かってくれないの?』という不満に繋がります。ストレスフルな環境下で理解を求めると、いわゆるヤマアラシのジレンマ状態になり、喧嘩が起きやすくなるんです」  ヤマアラシのジレンマとは、体に針毛を持つことから、親しみから相手に近づきたいのに、近づきすぎると自分の針毛で相手を傷つけてしまい、ジレンマに陥るという寓話です。 「理解を相手に求めたくなったら、『協力』に視点を移していくと、うまくいくと思います。また自分が別れを告げられた場合、相手が精神的に不安定なら、まず待ちの姿勢を取りましょう。  離婚には話し合いといいますが、精神的に不安定な状態での話し合いは、ぶつかり合っていることがよくあります。言われた方もショックかとは思いますが、『不安定なのか』と一旦受け止め、少し距離を置くくらいに捉えていくことが、今を乗り切るには大切です」  コロナ離婚の当事者の中には、いわゆるコロナ鬱になった結果、離婚を選ぼうとする人もいるかもしれません。今決断すべきか保留にすべきか、それはケースバイケースではありますが、もしコロナ離婚が現実問題としてある方は、少し2人の心の状態にも目を向けてみると、解決の糸口が見えてくるかもしれません。