【旦那の浮気をやめさせたい】浮気の原因と夫婦仲を修復する方法

背中合わせの夫婦

旦那の浮気が発覚したとたん、これまでの平穏な生活が一変するのですからパニックになってしまうのは当然です。旦那が信用できなくなり、今後どうしたらいいのか不安でいっぱいになってしまうでしょう。

冷静さを欠いて旦那を責めてしまう、泣きながら相手と別れてほしいと懇願してしまう、怒りと焦りからこんな行動に出てしまうことがあります。またはスマホを覗き見ようとしたり、旦那の持ち物を調べてしまう、そうなれば、場合によってはあなたの評価まで下げてしまいます。

旦那の浮気をやめさせて、夫婦関係を修復したい。そうして自分の望む未来を手に入れたいと思っているなら、ほんの少しだけ冷静になって浮気をされた原因とその対策について一緒に考えてみましょう。

【旦那が浮気してしまう8つの原因】時間とお金と体力があるから

旦那の浮気が発覚。しかも初めてではない場合、認めることも怖いです。2度目は絶対に無いと約束したのに…旦那への信頼も揺らいでしまうし、これからどうするかも考えなくてはなりません。

親にも相談できない上に、友達にも言いづらい。一人で悩んでいても堂々巡りになってしまうだけ。大前提として、悪いのは家庭がありながら浮気をした旦那。そこを踏まえ、ここでは浮気が起こってしまう環境とその原因について8つありますので詳しく説明していきます。

旦那側に原因がある場合

  • 自由に使える時間とお金がある
  • 旦那だけの趣味がある(ゴルフ・ジム)
  • 単なる浮気であれば問題ないと思っている
  • バレても妻は許してくれると思っている

妻側に原因がある場合

  • 妻も仕事を持っていて、夫婦の財布は別
  • 結婚後時間が経ち、夫婦生活もマンネリ化している
  • 亭主関白気味の旦那の言いなりになっている節がある
  • 浮気しても離婚しないと思われている

浮気の原因は人それぞれなのでこれだという答えはありません。ただ、浮気をするのは「時間とお金と体力」のある人と言われています。ある程度お子さんも大きくなると、父親の役目は減ります。自分の時間があり、自由に使えるお金があるという環境が揃えば、浮気は難しいことではないのです。

旦那の浮気をやめさせる方法~すぐに実践できる7つの対策~

指で×印

image.gif

浮気の原因には様々なものがあるということが分かりました。次ではさらに浮気の原因を掘り下げ、その対策を考えていきます。その上で旦那の浮気をやめさせ、夫婦で協力し合って以前のような結婚生活を取り戻す方法を、詳しくご紹介していきます。

1.夫婦のお金を一括管理する

お金の管理の仕方を変えましょう。お財布が別々なら一緒にする提案をする。お小遣い制にするのも手ですが、今まで自由にお金を使ってきた旦那からは猛反発が予想されます。実行する際には「足りなくなったらいつでも言ってね」と一言添えるといいかもしれません。

旦那が自由に使えるお金を減らすことが目的ですが、仕事の付き合い等で、すぐに財布のヒモを握るのは困難です。とにかく旦那がお金を持ち出すのに「いちいち手間がかかる」ことが重要なのです。

2.ゴルフなど旦那の趣味に同行する

旦那だけの趣味はありませんか?例えばゴルフやジム通いなど。健康のためや仕事の息抜きであった趣味の世界が、浮気の入り口になっていることがあります。一度「私も一緒に行ってみようかな」と言ってみたらいかがでしょうか。嫌がるようでしたら要注意。ゴルフ練習場で浮気相手と会っているかもしれません。

3.お互いの両親を交えた話し合いを

亭主関白型の旦那に多いのですが、「妻は結局自分についてくる」と思っている、家庭を壊す気は無いし、たかが浮気、くらいにしか思っていない。これはキツイです。そんな旦那には事実をしっかりと認めて浮気をやめさせ、深く反省させる必要があります。お互いの両親を含めた話し合いをする、浮気のきっかけとなった趣味、例えばゴルフを辞めてもらうなど、浮気が原因でもたらされた結果をしっかり痛感させることが必要。

4.浮気の証拠をつかんでおく

旦那が言い逃れができないような、がっちりとした浮気の証拠をつかむことです。専門の調査会社に依頼して証拠を押さえる、という手段もあります。浮気の証拠を突きつけられることで、2度と浮気できなくなる人も多いです。

ただ、浮気の調査には費用が掛かる上、自分のことを調べ上げられ、プライドを傷つけられたとかえって修復が難しくなる可能性があります。また、職場にバラす、相手の女性を告訴すると脅す(これは逆ギレされる可能性があるのでタイミングを見て慎重に)など、旦那の言いなりにはならないことを訴えるのも効果があります。

ただ、気を付けたいのはあくまで脅すだけだということ。本当に会社に乗り込んで職場内の不倫を公にし、旦那の社会的地位まで危うくさせるのは、夫婦間にとってマイナスの行為でしかありません。妻は怖くない、バレても言い逃れができると思っている旦那に「妻は何をするかわからない」と思わせることが出来ればいいのです

5.旦那に対する言動を冷静に見直す

旦那は刺激が欲しいのかもしれません。結婚も時間が経てばマンネリ化もするし、昔のような情熱は薄れていきます。だからといって外に刺激を求めるのは明らかに間違っているし、浮気は裏切り行為です。でも、あなたにも原因の一端は無かったでしょうか?箇条書きにしましたので、今までの自分の言動を冷静に考えてみましょう。

  • 以前に比べ、旦那への態度が冷たくなっていませんか?
  • 子育てや仕事、加えて家事の疲れから夫婦生活を軽視していませんか?
  • 知らず知らずのうちに、旦那を束縛あるいは支配していませんか?

結婚はゴールではありません。幸せな結婚生活を維持するには夫婦の努力が必要なのです。

6.毅然とした態度をとる

安定した家庭があって、外に刺激を求めているだけであれば、今は浮気相手に入れあげていても、そのうち戻ってくるかもしれません。広い度量で受け止められるなら離婚まではいかないでしょう。

ただ、そんなつもりは無いのなら、今回は許しても次回は慰謝料を請求して離婚すると宣言します。私はこれ以上浮気を許す気は無い」と、毅然とした態度をとりましょう。懲りない男性は浮気を繰り返します。きちんと誓約書を書いてもらうのも浮気の抑止力になると思います

7.旦那と向き合い、話し合う

旦那が反省しもう二度としないと約束したら、この話題に触れない努力をしましょう。いつまでも疑いの目を向けていては、旦那にも自分にも家庭の居心地が良くなることはありません。

自分はこんなにボロボロになるほど苦しんだのだから、旦那にも制裁を加えたい、この苦しみをわかって欲しいと思うのは当然です。浮気をされると人を信用できなくなり、帰りが遅くなったり、連絡がつかなかったりすると、もしかして続いてるんじゃ…という不安が頭から離れなくなったりします。

でも、目的は以前のような夫婦関係であって、疑ったり憎み合って生活していくことではないはずです。心が折れそうなときは不安を旦那に吐露してください。辛いことは口に出して伝えます。旦那と向き合い、一緒に解決していきましょう。

まとめ

手をつなぐ

  • 旦那が浮気をしてしまうのは夫婦双方に原因がある
  • 旦那の浮気をやめさせる対策は、お金の管理や浮気の証拠をつかむことなど

浮気発覚後に、夫婦の関係を修復する道を選ぶことは少しも不思議ではありません。社会的体裁や経済的なことを含め、修復の道を選ぶ女性は統計上多いです。旦那を失いたくない、修復すると決めたらそこはブレずに進んで下さい。全部とはいかないまでも、心の傷は少しずつ時間が癒してくれます。

もっと自分に自信を持ってください。旦那はもともとあなたが好きで結婚したのです。一時の感情で行動することは避け、時間をかけて夫婦の信頼関係を築いていくことが、最終的には浮気の防止につながるのかもしれません。

夫に浮気されたあと、実際にどうすれば良いのか1人だけで思い悩むこともあります。そんな時、専門のプロに相談して解決できた体験談を紹介しますので、参考にしてください。