婚活で「料理できます」アピールをする、38歳・実家住み女性のカン違い

こんにちは。恋愛コンサルタントの菊乃です。  婚活女性に多い「料理できます」アピール。特に、実家暮らしでも料理はしていると自慢気に話す方がいますが、それってアピールになっているのでしょうか?

料理

婚活で料理をアピールする女性は多いですが…(写真はイメージです。以下同)

「結婚する時に家を出ればいい」アラフォー実家暮らし

「実家から出たことはないですが、料理はします。会社に持っていくお弁当は自分で作りますし、週末は家族の分も料理することもあるんですよ。家事を全くしないわけじゃないんです。それでも一人暮らしした方がよいでしょうか? 結婚する時に出ていけばいいかなと思っているんですけど」とケイコさん(仮名・38歳)は言いました。 「結婚する時に家を出ればいいと思って何年経ったの?」 「……10年経ちました。アラフォーで一人暮らしの経験なしって、やっぱり婚活で不利でしょうか?」  ケイコさんは都内の大学に進学し、往復2時間以上かけて金融機関に通勤しています。大学時代はもっと通学に時間がかかっていたため、社会人になってからの片道1時間を苦痛と感じたことはなかったのです。周りも実家暮らしの女性ばかりだったため、30歳を過ぎても後ろめたく感じたことはなかったそう。 通勤「実家暮らしでも一人暮らしでも、男性ってそこまで気にしますかね? 実家暮らしだった同僚はみんな結婚しましたし」 「実家暮らしかどうかより、他の要素でも判断して会うかを決める男性が多いかもしれませんね。あとその同僚は何歳で結婚したの?」 「だいたい20代ですね。あ~、そういうことですよね!私、もうすぐ39歳だし」  ケイコさんは一人で突っ込みを入れていました。

家事って料理だけ?実家暮らし女性が見えていないもの

実家暮らしの女性は、何かと「料理できます!」アピールをする方が多いです。しかし、料理ができるといっても、その実態は……? 「ケイコさんは料理をするから家事ができるって思っているでしょう? それが違うんですよ。  ケイコさんだけじゃないですよ。実家暮らしの方って『冷蔵庫にあるものでご飯作れます』ってアピールすることが多いんですけれど、それってそこまで難しいことではないの。材料名+レシピで検索すればレシピ出てくるし、やろうとすれば誰でもできます。でも、冷蔵庫に食材がある状態を保っているのは誰?」 「母です」 「でしょう。何がないかを把握して、お母さまが買っているんですよね。それって時間もお金もかかるし大変だと思わない?」 「大変だなとは思うんですけど……」 「お母さまが一か月の食費いくらでやりくりしているか知っている?」 「知りません……」

家事は料理だけではない!

そもそも、料理は家事のほんの一部にすぎません。ケイコさんはそのあたりを認識しているのでしょうか? 掃除「成果が分かりやすい料理みたいな家事以外の、今の状態を保つための家事ってたくさんあるでしょう。掃除、洗濯、買い出し、家計のやりくり、諸々の手続きとか。そういうのも含めて家事ってみなしていた?」 「いえ……でもやればできると思います」 「じゃ、やってみてから家事出来ると言いましょうよ。料理なんて、ご飯だけ炊いて総菜を買ってきたっていいし、一番アウトソースしやすい家事なんですよ。それが分かっていないならば、やっぱり一度は実家を出たほうがいいですよ。ケイコさんは何かをやってもらうことが当たり前になってると思う」  収入面で一人暮らしできないなら仕方ないですが、ケイコさんはそうではありません。世間知らずなケイコさんに一人暮らしを提案すると……。 「でも、一人暮らしって初期費用が結構かかりますよね」 「そうですね。住む場所にもよるけれど、東京なら30~50万円ぐらいでしょうか」 「そのお金があるなら海外旅行だって行けるのに」 「自立と娯楽との天秤で、娯楽を選んできた結果が今でしょう」  図星だったのか、胸に手をあてて倒れるふりをするケイコさん。 「今のでグサッと刺さりました。そんな女性嫌ですよね」  考えが甘い部分もありますが、なぜだか彼女は憎めません。

一人暮らしをして、ようやく世間知らずと気づいた

ケイコさんが一人暮らし宣言をしたら、母親には真っ先に「できるの?」と心配され、自分がいかに自立していない印象を持たれているのかを知ったそうです。 一人暮らし 家賃相場も知らず、希望するJR駅で駅近マンションを探したら予算を超えてしまい大慌て。自分の予算内で条件を見直し、職場への通勤が片道40分の物件に決めました。  引っ越しの日に、ガスも電気も契約しないと使えないということを初めて知ったそうです。「私って世間知らずだ」とようやく気が付いたのです。一方で、通勤時間が減り、さらに外出の度に「どこに行くの?」と親に詮索されないことがこんなにも楽なのかと、一人暮らしのメリットにも気づきました。 「親が2~3つのスーパーで買い物するのを非効率だなと思っていたけれど、お得に買い物するためだったんですね。今まで仕事帰りにスタバに寄ったり、友達と1000円近くするランチに行くことも平気でしたが、お金の使い方をかなり見直しました。  引っ越しの時に使っていない化粧品、服もたくさんあって、衝動買いも止めようと思いました。話題のお店に行こうと誘われても、今まではそういうお店をチェックすることがオトナのたしなみと思って行っていましたが、そんなの娯楽を正当化していただけですね」  一人暮らしを始めてから、人間関係も変わったようです。習い事や外食好きな実家暮らしの独身女性と疎遠になっていき、彼女たちから海外旅行も誘われなかったそうです。

初デートでチェーン店なんてあり得なかった過去の自分

デート 一人暮らしを始めて、ケイコさんは婚活に対する考え方も大きく変わりました。これまでは初デートでスタバのようなチェーン店に連れていく男性を「失礼だ」と思いそこで冷めていたのですが……。 「失礼なのはどっちだったんでしょうね。やっと気が付きました。実家暮らしで好きにお金を使えたから洒落ているお店に少々詳しいだけだったのに、お店にケチつけて、さらにご馳走になったのに感謝もしないで、そりゃ結婚できませんよね」  デートの店選びで「なし」にした男性は過去に何十人もいたそうですが、そんな男性とほどなく交際に発展しました。「一緒にいると楽しいから、ずっと一緒いたい」と言われたそうです。 「昔の私なら、女らしさとか家庭的なことをアピールしないとダメだって思ってました。でも彼は面白いねって言ってくれて、内面を見てくれたような気がして嬉しかったんです。努力の方向を間違えて婚活10年もやっていました」  そう自虐的にケイコさんは笑い飛ばしていました。やっぱりチャーミングだなと思います。その面白さを理解する男性と結ばれてよかったですね!