Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

初心者がアフィリエイトで稼ぐためのコピーライティングの構成を理解しよう!

コピーライティングではキャッチコピーを最も大切にしましょう

アフィリエイトで稼ぐには、

キャッチコピーをなめているとその先を

読んでもらえなくなります。

読者さんはページにアクセスして

最初の3秒でユーザーさんは読むのか

ページから離脱するのかを決めます。

これをなめていると

本当に売上が半分以下になります。

キャッチコピーは最重要項目となっています。

キャッチコピーの目的は

すごいと思わせるではなく

続きを読みたいと思ってもらうことです。

なんとなくかっこいいことを書くのではなく

ページにアクセスして最初に飛び込んでくるキャッチコピーで

続きを読まずにはいられないと思わせるのが

キャッチコピーの狙いになります。

そのためには、何を行うかというと

ここにベネフィットを持ってくることが良いですね

ターゲットによって機能面のベネフィットなのか

価値面のベネフィットなのか変わると思います。

そんな未来を手に入れたいと1発思ってもらえるように

キャッチコピーを作って行きます。

キャッチコピーのフォーマットには

幾つかのパターンがあります。

まず、それは共感型ですね。

●●という悩みを3分で消し去ります

●●で失敗したという方に朗報です。

見たことありますよね。こういうの!

次にブランディング型ですね。

キャッチコピーの時点で

ブランディングしつつ続きを読ませる。

業界ナンバー1の人が手にした。

とか

参加者の%に人が人生を変えた。

などです。

これは実績がないとできませんが、

将来的には、あなたも使えるパターンになると思います。

他にも、お買い得型のキャッチコピーとしては

何日間だけお得なキャンペンとか

限定特別価格とか

無料プレゼントというのもそうですね。

また情報系では多いと思いますが、

提供型

サラリーマンが1億円の資産を作った秘密を教えます。

と言ったものもそうですね。

キャッチコピーとしては

こうした型にあてはめて作っていくのですが、

どうしてもできない場合は、

今紹介したフレーズを

アレンジする形で良いので作ってみてください。

正直これ、私が作ったものというか、

どこでも使われているようなパターンです。

逆に、コピーライティングは

理論があるので

上手くやれば似たような形式になって来ます。

コピーライティングにはQuestフォーミュラという形式がある

コピーライティングにはQuestフォーミュラという形式があります。

このパターンはコピーライティングでは有名な概念です。

1つずつ説明していきます。

先ずはQualifyですが、

これはターゲティング、権威、約束

この部分がキャッチコピーになることが多いですね。

次にUnderstandというのは

理解する、悩みに共感するという部分ですね。

Educateは教育のプロセスです。

悩みに対してどのように解決していくかの提示になります。

Stimulateは興奮させる、煽るという部分ですね。

商品のベネフィットを伝える部分です。

最後にTransitionとして

行動させる。

Questフォーミュラは特に

レビューページやセールスレターに使います。

この構成で書くとまとまりますが、

そもそも下書きが丁寧にできてないと

いくらこの構成でもぼやけてきますので

下準備は大切に行いましょう。

これは全部やる必要がありません。

ターゲットや狙っているコンセントに合わせて

カットしても大丈夫です。

LPページの作成順番に説明

アフィリエイトで稼ぐためのLPは

先ずは、ヘッダー、キャッチコピーですね。

パターンに当てはめると良いです。

ページを作ってみると後で見直してみると

キャッチコピーを変えないと内容と合ってないことが結構あるので

ヘッダー部分は最後の直すことも多いです。

2番目としては、スリップインと言って

続きが気になる出だしである必要があります。

であれば、このページにその答えを書いていきますので、

最後までお読みください。

とか

ピアノコピーと言って

有名ですが。いつもみすぼらしくて笑いものの彼が

ピアノの前に座ると・・

という続きが気になる出だしとかも有名ですね。

また3番目として

そのページに何が書かれているか

しっかり分かる必要があります。

4番目としてベネフィットを打ち出す必要があります。

5番目でできれば

証拠画像などを載せてあげたり、

購入者さんの声を載せたりするのも権威に繋がりますね。

6番目で開発者の紹介や

あなたが販売者の場合は自己紹介をします。

次に共感を得るプロセスとして見たことはあると思いますが、

こんなことで悩んでいませんか?

みたいな感じで

7番目では顧客の悩みを書いてあげます。

8番目では自分の経験も綴ってあげること、

非常に顧客との距離を縮めることができます。

単純に1から教育しても仕方が何の出

9番目では一般論の問題点を提示してあげて、

それだと上手くいきませんよ

ということを分からせた上で

10番目では今回の方法がどんな点で新しくて

今までと、どう違うのか教育してあげるのです。

下準備が必要ですよ

と言ったのは、

この辺りは下準備ができていれば書けます。

曖昧な準備だと弱くなります。

下準備が完璧だと、正直、全部当てはめていくだけなので

実際のライティングは簡単です。

興奮させる、煽る部分として何ですが、

煽ると言っても、騙すことではなく、

期待を高めるという意味ではないので

間違えないで下さい。

11番目 成功事例を提示してあげる。

12番目 どんな未来が手に入るか

ベネフィットを提示してあげる。

13番目 今回、それをこういった形式で提供しますよ

と提供することを伝える。

14番目 商品の内容を伝える。

というところです。

ここでは、先ほど教育のプロセスから

難しいのは、物販所品の場合は

教育や煽りの部分で性能をすべて書いてしまって問題ありません。

しかし

インターネットノウハウとか

教材の場合は知識自体が商品なので

すべての知識をそこで書けないですね。

従って、ベネフィットや成功事例で対応して

いく必要があります。

逆にビジネスジャンルにでも

ツール系の所品だったらいくら知識を書いても

そのツールを買わないと始まらないわけなので

別に書いてしまっても良いのです。

知識系の商品の場合はその部分自体が商品なので

手前段階までしか書けないて、

他の要素で教育は煽りをしていく必要があります。

15番目 価格を提示してどうしてその価格なのか、

他の商品に比べてどうなのか説明する必要があります。

16番目 限定性として特典や期間を提示してあげます。

また、顧客は行動しない理由を無意識に探してします。

皆さんがブログを書かなくても良い理由を探して

しまうことと同じで、忙しいから良いのではないか?

そんない無理をして買うことはないのではないか?

もっと安くて良いものがあるのではないか?

という理由を考えています。

それに対して

今しかチャンスがないなど

17番目 買わない理由を消してあげます。

車なんて必要なくて

バスで十分。

なんて思っている人に

だしかにそうですね。

でも、ご家族の送る迎えや旅行の際に

車があると便利です。

自分の車なら

そこが1つ家族のコミニュケーションの場にもなります。

とか言ってあげると、車は移動手段だから

バスや電車で代用できるという理由を消し去ることができます。

19番目 後の追伸として

あなたからの本音に近いメッセージがあると良いですね。

こんな人生を手に入れて欲しいので、

ぜひ、お申込みください。

というような感じですね。

コピーライティングテクニックとは?

アフィリエイトで稼ぐために

先ず、考えなければならないことは、

売る商品、案件。

LPの場合は提供刷る無料コンテンツを作るということですね。

それが決まれば

まずはその商品の内容や価値を書き出すこと。

それから商品のベネフィット、

価値についてのベネフィットを作ること。

このベネフィットが全体の中でとても大切になので

ここまで作ってしまえば、パターンに当てはめて行くだけです。

なので、書き出す前段階で

7割、8割コピーライティングは決まります。

あと大切なことはあなたが扱う商品なり案件なりジャンルについて

ライバルのレビューページやLPやセールスレターをよく見ることです。

最低10種類は見て頂くとかなり違います。

どう違うかというとそれを見る中で

このページからは買いたくないな

というものが出てくると思います。

それは何故か書き出して見るとどの要素が

足りてないからだと分かると思います。

そしたら、そこは自分のページは強化してあげればライバルよりも

抜群に良いページができるわけです。

そんな形で、ベネフィットを決めて

ライバルサイトも見て、

作っていけば良いコピーライティングがかけます。

まとめ

キャッチコピーとしては

型にあてはめて作っていくのが外れはありません。

キャッチコピーどこでも使われているようなパターンがあります。

逆に、コピーライティングは理論があるので

上手くやれば似たような形式になってきます。

コピーライティングにはQuestフォーミュラという形式があります。

このパターンはコピーライティングでは有名な概念です。

この形式にあてはめて作っていけば良いライディングが書けると思います。

良いコピーライティングテクニックとは、

まずはその商品の内容や価値を書き出すことですね。

それから商品のベネフィット、

価値についてのベネフィットを作ることです。

このベネフィットが全体の中でとても大切になので

ここまで作ってしまえば、パターンに当てはめて行くだけです。

なので、書き出す前の準備段階で7割、8割コピーライティングは

良し悪しが決まります。