Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

初心者さんにおすすめ2万円を稼ぐアフィリエイト・ランキング!

はじめに

最近はネット広告全般の事を「アフィリエイト」と呼ぶ傾向があり、元来意味するところの「成果報酬型広告」で使う人が少なくなっている様に思えます。

従って、このレポートにおいても、アフィリエイトの意味をネット広告と捉えた上でランク付けを行なっています。

また、ここでのランキングは稼げるという意味ではなく、ブログに合わせやすいおすすめのアフィリエイトに順序付けています。

稼げるかどうかという点はテーマやサイトの種類にもよるので、

ランク付けが非常に難しいと判断したためです。

以上の注意点を踏まえ、まずランキング順位から発表します。

1位 クリック広告

・GoogleAdSense

・オーバーレイ広告も可能なクリック広告

2位 成果報酬型アフィリエイト

・最低支払額が777円で振込手数料が0円のアフィリエイトASP

・最大手で案件数も多い登録必須のASP

・金融案件、旅行案件も多いアフィリエイトASP

3位 オプトインアフィリエイト

4位 情報商材系アフィリエイト

・情報商材案件の多いアフィリエイトASP

5位 ポイントサイト

・自己アフィリエイトによる還元率が高いポイントサイト

・最大手のポイントサイト

となっている。上記でランキング上位のものから詳しく紹介します。

ブログにおけるアフィリエイト・ランキング

1-1クリック広告(1位)

クリック広告は訪問者やサイトの記述に合わせて掲載される広告が変化するため、掲載位置だけ決めておけば後は放置しておくだけで良いという手軽さがあります。

コンテンツに力を入れたいと考えているブロガーにとって、広告掲載に無駄な時間を費やさないで済む点は非常に魅力的です。

また、記事において商品やサービスなどの申し込みページヘ飛ばす事の多い成果報酬型広告よりも広告臭がしない点もユーザーには好まれます。

クリック広告は無料ブログや多くのウェブサイトに掲載されているため、不快に思う人は少なく、お金稼ぎを感じさせたくないブロガーも導入しやすいです。

従って、ブログにおけるアフィリエイトではまず入れておくべき広告であることは間違いはありません。

クリック型広告で圧倒的な地位を誇るのがGoogleAdSenseである。申請制ではあるが、そこまでアクセスが無くともコンテンツに問題がなければ審査はそこまで難しくありません。

利点としては広告案件が広く、豊富なため、訪問者により合った広告が提示でき、クリックされやすい1クリックあたりの単価が数十円から数百円と非常に高いです。

欠点は何と言ってもサイトへの制限の多さで、ちょっとした規約違反でも広告が停止されてしまう点です。

性的、犯罪を誘発するような画像や表現の他、アフィリエイトの種類によっては併用出来ないことも多いです。

表現したい内容とこうした制限どちらを優先するべきかは非常に悩ましい点でもあります。

そんなGoogleAdSenseが使えない場合でも、もちろん設置可能なクリック広告もある。おすすめなのはオーバーレイ広告も可能なクリック広告です。

最近多くのブログでスマートフォンによる閲覧が増えている点もあり、こうしたスクロールに付随するオーバーレイ広告は誤クリックが多々発生するため非常に収益があがりやすい。GoogleAdSenseが使えないもしくは停止されたサイトの救世主となったクリック型広告であり、Google AdSenseとも併用可能なので、まだ登録していない人は是非とも導入の検討をおすすめしたいです。

GoogleAdSenseをはじめとするクリック型広告は、アクセス数に比例して収益を上げやすくなるという利点もあります。

スマホの普及で、来年もアクセスあたりの単価は上がる事も考えられ、初心者もまず初めに導入すべきアフィリエイトです。。

代表的なクリック型広告

・GoogleAdSense

・オーバーレイ広告も可能なクリック広告

1-2成果報酬型アフィリエイト(2位)

成果報酬型アフィリエイトはクリック後商品やサービスの申し込み等が行われて初めて報酬が発生するものを言います。

記事でも何となくでクリックされる事以上のアクションを誘導するような動機付けを行う必要があります。

成果報酬型でも情報商材の販売と一般的な物販やサービスの紹介案件を主とするアフィリエイトがあるが、ここでは情報商材系のアフィリエイト以外の物を指します。

  • 代表的なアフィリエイトASP

成果報酬型広告は物販系以外にも数多く存在しています。

車の買い取りや関連パーツ、キャッシングやFX口座の開設など金融系のアフィリエイトの他、美容、ダイエット、脱毛・育毛などコンプレックス系のアフィリエイトが代表的なものとなります。

これらはアフィリエイト報酬が高く、サイトに合わせて紹介もしやすいジャンルです。

それぞれのASP毎に強みの案件が存在しているが、初心者におすすめなのはafb(アフィb)です。

このASPの良い点は最低支払額が777円で振込手数料が0円というところです。

報酬が少ない場合ほど手数料も馬鹿にならないので、この点は嬉しいですね。

最大手とも言われるASPで、案件数も多いのはA8.netです。

金融系の案件が多く、クリックから60日間もの間Cookieが保存される(後日訪問し購入に至っても報酬が貰える仕組み)楽天アフィリエイトもおすすめです。

他のASPからリンを張り替えた後すぐには効果は出ないが、60日間Cookieが保存されるので1ヶ月以上経った頃から徐々に報酬の発生数が張り替える前よりも増えてきます。

上記3つのASPはアフィリエイターであれば最初から登録必須です。上でも述べたように、広告ごとに専門のアフィリエイトサイトを作成して、月に数百万円稼いでいる専業アフィリエイターも少なくはありません。

これらASPの広告は記事へと検索エンジンからの流入がもたらされるようになったら、ターゲットに合わせて導入しておきたいところです。

また、これらASPで案件の検索をする癖を付ければ、ジャンル毎のアフィリエイトにも詳しくなるし、ジャンル毎のアフィリエイトに詳しくなれば、アフィリエイト案件を元にサイトを作成したり、どういった記事が収益化しやすいかもわかるようになるでしょう。

この辺に詳しいブロガーはまだまだ少ないので、時間がある時に広告案件をチェックして詳しくなっておくだけでも他に先んじる事が出来ます。

物販系のアフィリエイトはブログとの相性も良く、多くの人が導入している。その中でも人気があるのはAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトです。

<Amazonアソシエイト>

Amazonアソシエイトはジャンルによっては高還元が望め、アダルトを含めた幅広いサイトで利用出来るのが魅力です。

本のレビューサイトなど、Amazonだけで月に数十万の売上を達成しているサイトも多々あり、電子書籍の紹介料は8%と高めに設定されているため、今後電子書籍が普及するに連れて更なる報酬増が望める可能性もあります。

自身のサイトで自身の書いた電子書籍を出版すれば、電子書籍の印税に加えて、アフィリエイト報酬8%が貰えるため、非常に高い利益率が望める(最大78%)。クリック広告にプラスして初心者が初めから導入したいアフィエイトでもあります。

<楽天アフィリエイト>

楽天アフィリエイトは商品を紹介できる商品リンクの他に、訪問者が以前見ていた商品のリンクを自動で表示させる楽天モーションウィジェットと呼ばれる広告があります。

楽天モーションウィジェット

楽天モーションウィジェットには訪問者が過去に閲覧した商品等興味のあるような商品が表示されるため、クリック率も高いです。

また、楽天アフィリエイトの優れた点はクッキーの保存期間の長さにもある。クッキーの保存期間とは、クリックされてから商品が購入されるまでの期間をいい、楽天アフィリエイトの場合は30日間有効となります。

つまり、2月10日にクリックされて、3月10日に実際に購入したとしても報酬が発生する仕組みです。

楽天アフィリエイトは物販系としては、日本一の品揃えを実現しており、サイトや訪問者個人に合わせたアフィリエイトが出きるのが魅力だと言えます。

欠点は、ほとんどの商品で還元率が1%と低いという部分です。

アクセスの多いトレンドブログやまとめサイトでも好まれるアフィリエイトです。

  • 報酬単価の高い物販系アフィリエイトASP

上記2つのアフィリエイトはメジャーなサイトである点や揃えている商品の数からして幅広い訪問者に対して提供できるという利点があります。

ただ、報酬単価が非常に低いため、相当数のアクセスが無い限り数万の壁さえも越えるのは難しいです。

こうした点から更に報酬単価の高い物販系のアフィリエイトを行いたいと思う人もいると思います。

そうした人達におすすめなのが、50%以上の高い利益率で商品を紹介できる物販系アフィリエイトです。

このアフィリエイトは販売額の30~50%以上の報酬を貰うことも出来できます。

ネットショップ並みの利益率となるでしょう。

商品を抱えるリスクだけでなく、仕入れの手間も無いので、

こちらのASP広告をメインにしてアフィリエイトサイトを運営している人も多いです。

ドロップシッピングや物販系のアフィリエイトサイトに向いているが、記事によってはブログでも十分に合わせることもできます。

面白商品も多いが、紹介し易いコンプレックス系の健康食品、サプリメントもあります。

1-3オプトインアフィリエイト(3位)

ここ数年で大きく成長したアフィリエイトのジャンルです。

特にメディアでも良く見かけるようになった与沢翼の成功で、

参入するオプトインアフィリエイトのASPが急増しました。

2014年も購買意欲の高い顧客(リスト)を獲得するために

報酬額やキャンペーンは増加傾向だったが、

後半ぐらいからいくつかのASPで新しい案件が出て来なくなり、閉鎖したところも出てきています。

最近は増加傾向だった報酬額も上げ止まり、全体的に落ち着きを見せています。

メール登録1通で1000円以上の案件もあるが報酬を支払わないASPも出てきているので、これからオプトインアフィリエイトを始める人はより信頼できるASPに登録する事が求められます。

信頼できるASPであれば、まだまだおすすめのアフィリエイトであることは間違いなく、アフィリエイトバブルの恩恵を受けたい人は参加した方が良いアフィリエイトASPです。

信頼できるオプトインアフィリエイトASPについては下記記事を参考に。興味のある人は必読です。

ブログはアフィリエイトサイトよりも著者が見えるため信頼されやすく、オプトインアフィリエイトとの相性は良いです。

ただ、ブログで定期的に行うと読者が離れ、リピーターの増加率も下がってしまうのが難点と言えます。

1-4情報商材系アフィリエイト(4位)

情報商材系アフィリエイトは、ノウハウやツール、アフィリエイト塾などを紹介して報酬を得るアフィリエイトです。

情報商材をアフィリエイト出来るサイトは多々あるが、登録は正直この情報商材系アフィリエイトASPだけで十分だと思います。

以前記事で紹介した和佐大輔氏も自分で購入した情報商材をブログで紹介したのが17歳で1億円稼ぐきっかけとなっています。

アフィリエイターよりも販売者の方が儲かることも多く、

情報商材系アフィリエイトASPを扱うサイトでは、そこからの移行も容易です。

ノウハウや知識のある人で、収益重視のサイト運営を考えている人は販売する側として参加するのもいいかもしれません。

ツールにはアメブロのメッセージやコメントへ自動的に配信し集客するスパム系のツールもあるが、Twitterのフォロワーを増やしてくれるものやアフィリエイトサイトを大量に作成するためのツール、SEOに強いサイトのテンプレートも販売されています。

自分もTwitterの集客ツールは2万円程度で購入している。

ツールは使い方によってはその額以上のパフォーマンスも発揮できます。種類は違えど、アフィリエイターでも作業の効率化のために使っている人は多いです。

これら情報商材アフィリエイトを効果的に紹介できるサイトは限られるが、1つの成約で数万円~数十万円のものもあります。

1つの成約が高額なだけに運によるところも大きいかもしれないが、稼げるアフィリエイトである事は間違いありません。

1-5ポイントサイト(5位)

自己アフィリエイトという、自分が普段使う楽天等のサイトでの商品購入をポイントサイトを経由するだけで、そのうちの何パーセントかが還元される仕組みを持ったアフィリエイトです。

もちろん、ポイントサイトからの自己アフィリエイトは、規約違反の自己アフィリエイトではなく、広告主からも認められた行為です。

引っ越し後に必ずといっていいほど必要になるインターネットの申し込みでは1万円以上の還元、FX口座などでも開設だけで数万円の報酬が見込めることも多く、日本で生活する上で登録必須のアフィリエイトです。

ちょっとした無料ゲームでも、現金に交換出来るポイントが得られるし、暇つぶしに楽しむサイトとしても利用出来ます。

自分が参入当初力を入れたアフィリエイトでもあり、現在もポイントサイトだけで月10万円以上の収益があります。

アフィリエイトサイトにおけるアフィリエイトASP

アフィリエイトサイトは非常に多岐にわたるため、ランク付けするのが非常に困難です。

一般的に、アフィリエイトサイトはリピーターが少なく、訪問者を増やすには検索エンジンからの流入を増やすしかありません。

アフィリエイトサイトは専門性が高い事からも、成果報酬型アフィリエイトでの案件毎に特化したサイトが作られる事が多いです。

従って、アフィリエイトサイトで収益をあげるなら、

成果報酬型アフィリエイトの導入がもっとも優先順位が高いです。

オプトインアフィリエイトや稼げる系と呼ばれる情報商材系アフィリエイトは近年になってより信頼性が求められることが多くなっているので、アフィリエイトサイトにおいての成約率は下がっています。

検索上位表示が実現しても、著者の特徴が見えるブログより成約率は低くなる傾向にあるため、こうしたジャンルで稼ぎたいと思うなら、やはりブログの方がおすすめです。

アフィリエイトを始めると同時に、初心者がすべき事

このようにランキング付けしてオススメしてきたものの、アフィリエイトの種類によってはその人やサイトによって合う合わないというのはもちろんあります。

そのサイトに最も適切なアフィリエイトに変えるだけでも収益が大幅に増加することさえ多々あります。

ただ、初心者であれば適切なアフィリエイトはどれかと試行錯誤しても、訪問者が少なければ正確なデータは取ることは出来ません。

従って、まずは訪問者、特にサイトの属性に合ったこちらの期待する訪問者をいかに増やすかに重点を置くべきです。

期待する訪問者を獲得する手段としてはSEO対策やブログのテーマを明確にし、絞る事が効果的です。

後者はともかく、前者においてはSEOの勉強は欠かせないものになってきます。

アフィリエイトの導入時期

どんなジャンルのサイトでもそれに合ったアフィリエイトは必ず存在します。

目安としては1日1000PV以上、そのぐらい獲得するまではネット集客へ重点的に力を入れ、アフィリエイトに関してはクリック広告だけで良いと思います。

ブログにおいては、ある程度のアクセスを達成し、検索エンジンからもアフィリエイト広告に合うようなキーワードで訪問者が訪れた時に、広告を追加するのが良いです。

サイトの収益率を高める対策はある程度の集客を達成した後に始めるのが一番なのです。

アフィリエイト初心者は、様々なASPに登録をして、参入もしくは得意ジャンルにおける広告案件の把握(どんなアフィリエイトがあるか、知識を付ける)をしていく事から始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする