ライバルの差別化 コンテンツ量を減らす

アドセンス




2つ目に差別化はコンテンツ量を減らすことです。

量を増やすとは全く逆のことになります。

これもライバルとの差別化になります。

ある商品を購入しようとしている人が情報量が多い方がよいです。

情報量が多くて困ることはありません。

しかし情報量が多くて何を書いてあるのかわからないサイトは結構あります。

そいったサイトは確かに情報量は多いのですが、全体的にまとまりがなく、

結局は読んでもられないサイトになってしますのです。

情報量が多いサイトがあったら、その記事の中身を吟味して、ポイントだけをまとめ直して見やすいサイトにするのです。

コンテンツを減らすと言うより、コンテンツを整理することです。

分かりやすく読みやすいサイトは多くの人に役立ちますので自然に訪問者も殖えて、成約率も上がってくるのです。

ご講読いただきありがとうございます。今日はここまでです。

ブログメルマガで初心者アフィリエイトが稼ぐノウハウにご訪問をありがとうございました。

次回もお楽しみにしてくださいね。ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Pocket