ライバルと差別化 内容をわかりやすくする

アドセンス




3つ目の差別化の方法は内容をよりわかりやすくするものです。

誰が読んでも理解できるコンテンツを書くことです

一般的には中学生が読んで理解できる程度が一番よいとされています。

よく、難しい専門用語を使ったり、カタカナ語を使ったりして、

まるで論文のような記事を書く人がいます。

読み手の立場になれば読む気になるでしょうか?

読む気が失せますよね。

難しい専門用語は使わない。無理にカタカナ語を使わない。

声に出して読んでみて、不自然なところは改善する作業をするだけで、

かなり読みやすい記事になります。

読みやすさは、わかりやすさにつながり、サイト訪問者を満足させてくれます。

内容ををわかりやすくすると言っても色々な方法があります。

記事そのものをわかりやすく書き換えることや、

言い回しの変更とか、

導線の確保、

視覚的な変更

などなど

これがわかりやすい方法と思えば、実際に試いしてみてください。

わかりやすいかどうかは、実際に声に出して読んでみればわかります。

書いているいる時には気付かなかった文章の繋がりや、単語の使い方などが、実際に声に出して読むとわかってくるのです。

少し面倒でも、分かりにくいサイトから、訪問者は申し込もうとする気になりません。

読み手の立場に立ってわかりやすい記事を書いてみてください。

ご講読いただきありがとうございます。今日はここまでです。

ブログメルマガで初心者アフィリエイトが稼ぐノウハウにご訪問をありがとうございました。

次回もお楽しみにしてくださいね。ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Pocket