SEO内部要因




内部要因は主に6つです。
1タイトル
2メタディスクリプション
3Hタグ
4キーワード数
5キーワードは前半に多めに
6内部リンク
この6つです。

1タイトルです
タイトルは最も重要な内部要因です。
検索エンジンはまずタイトルを見てそのページに何が書かれているかを判断します。
タイトルはキーワードを1つ必ずいれましょう。
実際のサイトでは、各ブラウザのタブ等に表示されます。

例えば、キーワードが掃除機、激安の場合であれば、タイトルにこの2つのキーワードを必ず入れてください。
いくら内容がよくてもタイトルにキーワードがなければ上位表示されない可能性が高くなります。
また、タイトルの前半部分にキーワードを持ってくることも重要dス。

2メタディスクリプションです。
サイトには表示されませんが、検索エンジンに何について書かれたサイトなのかを伝えるものです。
通常サイトでは説明文と書くところをメタディスクリプションになっていることが多いです。
メタディスクリプションは文章で記述します。
キーワードのこすうは最低でも1個、多くでも2個までにすることが無難です。

3Hタグです。
簡単に言うと見出しのことで、サイトにも表示されます、
これは検索エンジンに何について書かれているのかを強調するためのものです。

Hタグは1~6種類あります。
H1が見出しです。これが一番重要です。
次は2、3、4、5、6となります。

検索エンジンでは、サイトに書かれている文章の中でもHタグを重要視します。本でいえば見出しや目次です。
検索エンジンではこのHタグに書かれているものを重要な情報として判断するのです。
よって、Hタグにもキーワードをいれる必要があります。

4キーワードの数です。
コンテンツの中のキーワード数も重要な内部要因です。
基本的にはコンテンツの中には必ずキーワードを入れてください。
そしてキーワードは前半に多く出るようにしてください。

ただ闇雲に入れるのではありません。
全体のバランスが大切です。
一般的にはキーワード数はページ全体の3~6%程度が良いとされています。
もちろんこれが絶対ではありません。
だいたいの目安としておくと便利です。
キーワード解析ツールを使えば便利です。

このツールを使ってキーワード数をページ全体の3~6%程度になるように調整しましょう。
ただ、あまりにこの数値にこだわりすぎるて記事を書くと文章自体が不自然になる可能性があります。
キーワードを決めて書けばたいていは上記のパーセントに近いものになります。
細かい数値は気にせずに記事を見直しをかける時に適度なキーワードが入ってるかをチェックするぐらいでよいです。

5キーワードは前半部分に多めに、またキーワードを書く位置も重要です。
一般的には、コンテンツの前半に多めに入れるとベターといわれています。
これは、ヤフーやグーグルの検索エンジンでは前半に書かれている内容が重要を考えているからです。
今後検索エンジンがさらに進化してくれば変わるかもわかりません。
現状では前半にキーワードを多めに入れることが良いとされています。

6内部リンクを入れるについてです。
最近は内部リンクがSEOでは重要視されています。
内部リンクとは自分のサイト内のページから同じ自分のサイト内の別のページにリンクをすることです。
普通リンクといえば外のサイトに飛ばすことをイメージします。
ですが内部リンクは、同じ自分のサイト内へリンクを貼ることです。

SEO対策に効果が高いとされています。
この内部リンクはSEO対策としてだけではなく、サイト訪問者にもメリットがあります。
リンクがあれば訪問者にとっても理解しやすく便利です。
記事の終わりや途中に、関連する記事へのリンクをつけてあげると、訪問者にとってとてもメリットが大きいです。

内部リンクすると、
訪問者にとっても
SEO対策にしても
メリットがあるので一石二鳥です。
関連記事にリンクをするだけなので、簡単な作業です。
この内部リンクは是非やってみてください。
内部リンクをするときには文字列のアンカーテキストにはできるだけキーワードを含めるようにしてください。
ご講読いただきありがとうございます。今日はここまでです。
ブログメルマガで初心者アフィリエイトが稼ぐノウハウにご訪問をありがとうございました。
次回もお楽しみにしてくださいね。ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

Pocket




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする