成功法則の2番目




次に2番目の法則です。

先ずは、素直であることですね。

何かアドバイスした時には「分かりました」

と素直に受け止める姿勢が絶対に必要ですね。

例えば、自分の今までの考えかあと違っていても

自分が一生懸命やったことについてダメ出しされても

自分の弱点や改善点が見つかってラッキーと考えて受け止めることが大切です。

それをむしろ喜びとして感じれば尚、良いと思われます。

ところが成功していない人は

アドバイスに効く耳を持たない傾向にあります。

アドバイスされても言い訳や曖昧な返事をする場合があります。

直ぐに反対意見を述べることもあります。

これはチャンスを失っています。

自分の理屈を相手に伝えることが優先させているので

もはやアドバイスを受け入れることはできません。

そしてその言葉を覚えてはいません。

仮に覚えていても本気で実行する意欲もないと思われます。

また教えてくれた人も

素直な人を教えたくなります。

なので、次に指導をしてもらえるチャンスを失います。

素直な方は講師がは話をしている最中にはメモを取っています。

一字一句を聞き逃さない姿勢で、全てを吸収してやるという意気込みを感じます。

そのくらいの勢いが必要だと思います。

これが素直ということえす。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする