例えば コピーの書き方

アドセンス




例えば

太っていて

痩せたいから商品を手にするわけですが

太っていてどんな悩みがあるのか

分かっていると、コピーが書きやすいわけです。

痩せたいですよね?

痩せるべきですよ

痩せると健康です。

としか言えないと

ただ太っているというだけで

人目を気にするというのは

とても窮屈な気持ちですよね?

仕事も一生懸命しているし

誰よりも相手を思いやっているのに

太っているということだけで

何となく自信を持てないことは辛いことですね。

この商品でダイエットすることで

あなたは本当に望む自分の姿を

見た目だけではなく、内面から手にすることができます。

あなたが望む人生はすぐそこにあります。

と提案できるのは全然違います。

ジャパネットたかたの

先代の社長が言っていました。

テレビショッピングする前に

機能美だけではなく

生活が具体的にどう変わるのか

そのような楽しい人生が変わるのかを提案してあげることが重要、

という話をされていました。

例えば、高田さんは

ビデオカメラ売る場合には

もうすぐ、運動会シーズンですが、

お子様の活躍を最高の形で残してあげたい

お孫さんのご活躍を鮮明な映像で見たい。

そんな家族思いのあなたに、ぴったりのビデオカメラがあります。

みたいな形で入ることです。

また、売る相手がそんな人かを想定し

悩みや顧客の思いにアプローチしているわけです。

Pocket

アドセンス下




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする