ターゲティングを決める




ターゲティングを決めるは大変に重要です。

これも書き始める前に考えておかなければなりません。

このターゲットについて

アバウトに決めるよりも

厳密に決めたほうが

突き刺さるコピーが書けます。

ターゲットを厳密に決めてしまうと

それ以外の層を逃すのではないか

という人もいますが、

実際にはそれは少し違って、

ターゲットを厳密決めないと

誰にも響かないコピーになってしまいます。

どんなことに興味をもっている人なのか

どんな悩みを持っている人なのか

どのくらいの年齢の人なのか

仕事は何をしている人なのか?

仕事については

サラリーマンにでも良いし

もっと特定のジャンルにしたいのであったら

飲食店を開いている人とか

アルバイトをしているフリーターさんとか

そういう感じですね。

収入を想定することも大切ですね。

特に販売する商品価格が

高額であれば

若年層や高齢者を想定するよりも

30代~40代の方がターゲットになった方が

成約率が高い場合があるので

そのあたりは商品のコンセプトとともに

考える必要があります。

家族構成や住んでいる地域も

想定するとよい場合があります

例えば

田舎に住んでいる人でもできるビジネス

という事で。

地方に住んでいる人をターゲットにしたい場合もあると思います。

都会で忙しくサラリーマン向けの

投資案件の場合もありますよね?

ここら辺りまで考えてあげると良いですよね。

Pocket




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする