コピーライティングでの注意点




コピーライティングで皆、やってしまう間違いというか

よく考えずにこれをやってしまうひとが多いので

少し注意してください。

先ずは、難しい文章や言い回し。

小説のような独特な表現を使ってします人がいますが、

これは逆効果です。

誰がみてもはっきり伝わる言葉を使うのが

コピーライティングでは重要です。

誰にでも伝わるように、

何が言いたいのか、はっきりわかるのはわけです。

また、レビューページやセールスレター、

LPなどは、

元々、出口が買うか買わないか

登録するか、登録しないか。

の2つしかありません。

成約率の高いページである事を

理解できていると思いますが、

その特性をしっかりと活かせるように、

レビューページやセールスレター、LPの場合は

あるいはセールス用の記事作成の場合は

余計な情報を書いてしまうのを避けて、

買うか買わないか、登録するかしないか、

2つしかありません。

つまり、成約率につなげるための情報に絞って書くこともポイントになります。

専門用語を使う事で自分の信用を高めようするのは

避けた方が良いです。

特にターゲットが

そのジャンルにおいて小悪心者や

一般的なユーザーの場合は

またその分野の知識がない方なので

難しい言葉が並ぶと

読む気が失せます。

ターゲットが中級以上の場合は

もしくは業者向けならば

専門用語を使っても良い場合があります。

大切なのは

あなたが知識がある事や

専門用語を使えるかではなく

顧客に分かり安い言葉を選んであげることです。

意外な落とし穴は、

商品の機能美のみを書いてします人が多いのでス。

機能美というのは

商品の中身です。内容の部分です。

機能部が素晴らしければ

それで良いのか?言うとそれが少し違っています。

生活が楽しくなるそうとか

そういう部分が合わさり合って決まります。

ですので、

顧客は機能美だけを知りたいのではなく、

他の要素もすごく伴った上で

買うかとづかを判断するのです。

機能美はほんの一部にしか過ぎないことなのです。

Pocket




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする