コピーライティングで伝えることは大きく分けて2つある




コピーライティングで伝えることは大きく分けて2つあります。

具体的な内容と

その先にある価値ですね。

機能美を語るのが悪いわけではありません。

機能美と付加価値と

両方伝える必要があります。

正直、このどちらかだけだと

売れません。

車であれば

車の性能と

どんな楽しい人生が一部を演出してくれるのか

両方を説明しなければ売れません。

具体的な内容というのは

機能、性能

商品の内容、サービスの部分と

価格や料金の部分ですね。

料金や価格については

出しどころはありますが。

完全に隠すのではなく

しっかりと伝えることが意外と大切です。

次に付加価値の部分です。

商品の内容の先にある価値というのは

例えば、

その商品がどういう目的で作られたものか

他社とはどう違うのか

また、顧客に撮ってステータスになる

人生が良くなることも大切です。

割と海外のマーケッターは

この価値を演出刷ることが上手で

日本人は職人気質で

価値より機能美のも伝えてしますことが多いのです。

家電とかでも

カメラの画質がどうのこうの

画質のことばかり宣伝をしているCMをみたことがあると思いますが、

よほどのマニアでなければ、

一般的な使い方を楽しみながら

現状のもので十分ですよね?

それが前のバージョンより

何ピクセル良くなったかは

実際にはどうでも良いことだったりします。

つまり機能がどうのというのも大事ですが、

それ以上に

それを持っているとこと自体が良い

どいうブランディングができるわけです。

大切なことは

こういった機能や価値について

顧客のステージに合わせて説明してあげることでう。

ここで顧客のターゲットや状態を

如何に想定しているかが大切になります。

Pocket