ベネフィットと言う言葉を理解しよう




コピーライティングではよく

ベネフィットと言う言葉が出てきます。

コピーライティングだけではなく、

マーケティングでも使う言葉ですね。

ベネフィットというのは

日本語お定義が難しいです。

商品から得られるメリットや価値、利益、未来などです。

ピッタリな日本語があまり無くて

調査してみましたが、それぞれが違う感じで使っています。

強いて言えば

メリット、価値、利益、未来

は、なんとなくわかりますね。

具体的にメリットや利益というのは

もう少し抽象度の高い概念的な定義になると思いますが、

漫然とわかっていれば良いので

ベネフィットという言葉を覚えて下さい。

お客様はベネフィットがあるかを購入するわけです。

ブランドものはまさにそうですね。

例えば、大して詳しくない人からすれば

似たような商品で価値がうんと安い商品など

他の店にいくらでもあるはずですが、

商品そのものの性能や機能で言えば

世界一良いものというのは

世界一売れているものとは違うはずです。

ですので、ベネフィットを提示して上げることは

とても大切なことです。

コピーライティングで

機能美と性能面と

価値的な部分と両者を書いてあげると良いですね。

その書き方としては

単純に事実だけを書いてあげるのではなく、

ベネフィットを追加して

レベルアップしてあげると良いコピーがかけるようになります。

Pocket