ベネフィットを加えるだけで良いコピーライティングに変わる




機能面、内容面でのベネフィットを追加して

価値的なベネフィットを追加していく

とう手順になります。

例えば

飲食店で

ホームページなどを作成して

Web戦略を立てて行くケースがあるのですが、

飲食店であれば

内容面は、ただ充実したメニューがある

と打ち出すだけだと

顧客にとってはだから何なの?という程度です。

作り手としては

充実したメニューがあるから飽きないよ!

と思っていても

顧客はそこまでの自ら考えたりはしません。

お客様は伝えなければ

単純に食事や飲食がしたいだけです。

そこで、メニューが豊富だから

楽しみが終わることはないんだよ

と打ち出してあげると

単純に充実したメニューがあることで

どうなるのかという部分ですね。

価値面で考えると

充実したメニューや従業員のサービス、

店内の工夫があるから

何度来ても、楽しみができると

未来を見せてあげることが大切です。

心よりおもてなしします。

としか書かないのではなく、

心からのおもてなしと豊富なメニューで

何度来ても新しい楽しみ方ができるお店です。

と伝えたほうが、魅力的なわけです。

Pocket