教材の例を出して言えば!




例えば、教材なんかの場合でも

機能面として音声や文字でのテキストも用意しています。

と書くのではなく、

音声や文字でもテキストも用意刷るので、

いつでも、スキルアップすることができます。

と、だからどうなるのという部分を付け加えて上げます。

価値面でいけば

スキルアップできます。

というだけではなく

新しい自分が活躍する人生が手に入ります。

スキルアップした新しい自分が活躍する人生を楽しみましょう。

と言ったほうが、魅力的なわけです。

具体的なコピーライティングの構成としては

このような感じです。

これを見てしまうと

いきなり文書を書きたくなると思いますが。

前段階の準備ができた上で

この構成で書くことになります。

そうすれば効果的です。

例えば、ターゲットがボケているとか、

商品について知識がなかったり、

ベネフィットを今一作れないと

この構成で書いても

ぼやけてしますので

必ず今までに伝えた下準備から入ってください。

その上で構成を見ていくと

良いと思います。

Pocket




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする