コピーライティングの構成について




コピーライティングの構成ついて説明します。

キャッチコピー、ヘッダー部分

悩みの共感

どう解決するのか

解決できる根拠

商品の内容と差別化

提供できる理由と限定性

価格、商品グレード

買わないことのデメリット

コピーライティングのテクニックは色々ありますが。

ほとんど、このフォーマットに当てはめていけば

良い構成になります。

まずは、キャッチコピーですね。

メルマガやステップメールの記事の場合は違うかもしれませんが、

レビューページ、LP、セールスレターなどでは

キャッチコピーが大事です。

キャッチコピーは本当に大切で

キャッチコピーが悪いと

3秒以内にお客様はそのサイトを閉じてしまいます。

そして、悩みも共感からは入っていきます。

よくあるこんなことで悩んでいませんか?といった

感じですね。

そして、その悩みをどう解決していくのか。

提示していきます。

悩みの解決策のとこで

自分の経験を少し盛り込んでもいいです。

この部分は共感を得ることが大切なので

いきなり顧客とのレベルの違いを見せつけるよりも

私も苦労したのですが

という感じの方が良いと思います。

そこまで来たら

商品の内容や他社との違いを説明し、

提供できる理由や限定性を提示していきます。

価格や商品のグレード、

こんな人でも大丈夫だよ

みたいな話をして

最後に、ブッシュを強烈にするなら

買った場合と買わない場合で

どれだけ違うのかを提案します。

大体、こんな流れで、

セールスのコピーは作っていきます。

Pocket