キャッチコピーを最も大切にしましょう




キャッチコピーをなめているとその先を読んでもらえなくなります。

ページにアクセスして

最初の3秒で

ユーザーさんは読むのか

ページから離脱するのかを決めます。

これをなめていると

本当に売上が半分以下になります。

キャッチコピーは最重要項目となっています。

キャッチコピーの目的は

すごいと思わせるではなく

続きを読みたいと思ってもらうことです。

なんとなくかっこいいことを書くのではなく

ページにアクセスして最初に飛び込んでくるキャッチコピーで

続きを読まずにはいられないと思わせるのが

キャッチコピーの狙いになります。

そのためには、何を行うかというと

ここにベネフィットを持ってくることが良いですね

ターゲットによって

機能面のベネフィットなのか

価値面のベネフィットなのか変わると思います。

そんな未来を手に入れたい

と1発思ってもらえるように

キャッチコピーを作って行きます。

キャッチコピーのフォーマットには

幾つかのパターンがあります。

まず、それは共感型ですね。

○○という悩みを3分で消し去ります

○○で失敗したという方に朗報です。

見たことありますよね。

こういうの!

次にブランディング型ですね。

キャッチコピーの時点で

ブランディングしつつ続きを読ませる。

業界ナンバー1の●●

  • ●人が手にした。

とか

参加者の●●%に人が人生を変えた。

などです。

これは実績がないとできませんが、

将来的には、あなたも使えるパターンになると思います。

他にも

お買い得型のキャッチコピーとしては

何日間だけお得なキャンペンとか

限定特別価格とか

無料プレゼントというのもそうですね。

また情報系では多いと思いますが、

提供型

サラリーマンが1億円の資産を作った秘密を教えます。

と言ったものもそうですね。

キャッチコピーとしては

こうした型にあてはめて作っていくのですが、

どうしてもできない場合は、

今紹介したフレーズを

アレンジする形で良いので作ってみてください。

正直これ、私が作ったものというか、

どこでも使われているようなパターンです。

逆に、コピーライティングは

理論があるので

上手くやれば似たような形式になって来ます。

Pocket