ホームページ作成は初心者でも簡単にできるか?おすすめの無料作成ツールを紹介!





このページでは、初心者の方でもゼロからおしゃれなホームページを作る方法とツールを紹介していきます。無料ツールも多く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。




Contents

1. 無料で使える!お店や会社のホームページを作成できるツール

「自分の飲食店や会社のホームページを作りたい」という場合、制作会社にお願いすると高いお金がかかってしまいます。規模にもよりますが「制作費100万円・維持費3万円/月」くらいのことはよくあります。

これは個人にはなかなか厳しいですよね。しかし、最近ではお金をかけなくても立派なホームページを作ることができます。そんなに便利なサービスをいくつか紹介します。

1-1. 世界で1億人以上が利用するWix

Wix(ウィックス)は世界的に有名なホームページ作成ツールです。イスラエル生まれのツールですが、世界的に人気がありユーザー数は1億人を超えると言われています。2012年〜日本語にもバッチリ対応するようになりました。

特徴は?

ボタンや文字、画像などをドラッグ&ドロップでホームページ上に配置していくことができます。つまり、ややこしいコードを書く必要は一切ないのです。

また、高品質な無料テンプレートがたくさん用意されているため、テンプレートをもとに、必要な部分を変えるだけでもホームページが出来上がります。

Wixはサポートが本当に充実しています。ヘルプセンターでは使い方解説や困り事対処法がみっちりとまとめられています。また、Wix担当者に質問をすることもできます。

Wixではどんなサイトが作れるの?

あらゆる種類のホームページを作ることができます。飲食店や企業、会計事務所などなど、あらかじめジャンル別のテンプレートが用意されています。

実際の作成例は「Wixの作成事例日本編」で見ることが出来ます。

無料で使える?

はい、Wixは無料で使うことができます。

ただし無料だと、作成したページの上下にWixの広告が入ってしまうなどの制約があります。

「無料プランと有料プランの違い」や「使い方」については、別の記事にまとめました。興味のある方は是非目を通してみてください。


Wixの使い方を総まとめ!超簡単なホームページ作成手順

1-2. 日本で人気のホームページ作成ツール「Jimdo

Jimdo(ジンドゥー)はドイツ生まれのホームページ作成ツールです。日本語版はKDDIウェブコミュニケーションにより運営れているので、安心して使うことができます。以前、JimdoのテレビCMが流れていることもありました。それもあるのか、日本でもかなり人気がありますね。
操作感や機能はWixとよく似ています。「WixにするかJimdoにするか」という比較もよくされています。

Jimdoの特徴は?

Wixと同じく様々なパーツをドラッグ&ドロップするだけで、ホームページを作成できます。HTMLCSSのような専門知識は必要ありません。

どんなサイトが作れる?

Jimdoでもあらゆる種類のサイトを作ることができます。有料プランにすれば、ネットショップを開設することもできます(Jimdoの作成事例)。

料金は?

無料プランと有料プランがあります。無料だと作成したホームページに広告が入ったり、独自ドメインが使えなかったりします(サイトのURL◯◯.jimdo.comとなってしまいます)。
有料プランといえど、制作会社に任せるよりは、ずっと安く、おしゃれなホームページを作成できます。Jimdoを使うのであれば、有料プランに申し込むのがおすすめです。詳細はJimdo公式ページを見てみてください。

WixJimdoどっちがおすすめ?

どちらもサービスがよく似ており、同じくらいおすすめです。サポートがしっかりとしているのは、Jimdoかもしれませんね。JimdoCafeという「Jimdoの悩みを気軽に相談できるカフェ」が全国各地にあるのは大きいですね。

1-3. 直感的で作成がしやすいホームページ作成ツール「Weebly

Weeblyは米国生まれのホームページ作成ツールです。こちらも、作成に専門知識などは必要ありません。便利なツールなのですが、日本ではそれほど知名度が高くなく、使い方の情報もあまりまとまっていません。

特徴は?

Weeblyのビルダー画面(デザイン作成画面)はシンプルで直感的に分かりやすくなっています。また、高品質でかっこいいテンプレートが多数用意されています(こちらからチェック)。
一方で、日本語対応は不完全で、ところどころ英語が残っていたり、やや不自然な日本語が混じっていたりするのが難点。

無料で使える?

WixJimdoと同じく、Weeblyの広告表示のあるホームページであれば無料で使うことができます。

1-4. 1枚ペラのページならStrikingly

Strikingly(ストライキングリー)も簡単にホームページが作れるツールです。テンプレートのバリエーションは多くないですが、その分どれもおしゃれなものになっています。

特徴は?どんなサイトが作れる?

Strikinglyの大きな特徴は、「基本的に1ページでサイトが完結する」ことです。クリックして別のページに飛ぶのではなく、下にスクロールして読む進めていく縦長のホームページとなるのです(有料プランならページを追加することもできますが、それでも制限があります)。

料金は?

無料プランと有料プランがあります。無料でも広告がフッター(ページの一番下)に表示されるため、目立ちません。有料プランだと、独自プランを使うことができたり、使用するフォント数が増えたり、広告が非表示になったりします(詳細)。

1-5. ブログにもホームページにも使えるAmeba Ownd

AmebaOwnd(アメーバオウンド)はアメブロなどを運営するサイバーエージェントにより2015年に提供が開始されたサービスです。アメブロよりもおしゃれで洗練されたブログやウェブサイトを簡単に作ることができます。

特徴は?

テンプレートの数は多くありませんが、どれもクオリティが高いものとなっています。ただし、ウェブデザインの知識なしでできるカスタマイズの自由度はあまり高くありません。写真や文字などのパーツが配置される位置(レイアウト)がある程度決まっており、そこに自分の写真や文字を当てはめていく、というイメージです。
また、テンプレート数が少ない分、他のOwndで作られたホームページとはデザイン・レイアウトが少し似たものになるかもしれません。

どんなホームページが作れる?

写真が大きく使われるテンプレートが多いため、写真を活かしたホームページやブログを作るのに向いているのではないかと思います。料理の写真をたくさんのせる飲食店ホームページや、旅行記サイトなんかにはピッタリでしょう。作成事例はこちらから見ることができます。

料金プランは?

現状、無料プランのみが提供されています。画面の一番上には広告が表示されます。ただし、独自ドメインの利用は無料プランで行うことができます(ただし、ドメインの利用料はかかります)。ちなみに今後、広告を外すことのできる有料プランの提供を予定しているようです。

一旦まとめ:結局どれがおすすめ?

ここまで5つのホームページ作成ツールを紹介してきました。では、結局どれが良いのでしょうか。分かりやすく比較できるように表にまとめてみました。

プロパティ

Wix

Jimdo

Weebly

Strikingly

Ownd

テンプレート
の豊富さ

 スマホ表示

使いやすさ

ホームページの
オシャレさ

(日本語)
サポート

広告非表示にする
最低料金

¥1,233/

¥945/

$8/

$16/*1

不可

独自ドメインが
使える最低料金

¥925/

¥945/

$8/

$8/

無料*2

アプリからの
編集

アプリは英語

料金などは20181月時点の数字です。
*1
:ただし無料でも広告はかなり控えめ。
*2
:ただし別途ドメイン管理会社に利用料を支払う必要あり。

会社やお店のホームページを作る場合

会社やお店のホームページを作るのであれば、できれば広告を外して公式らしさを出したいところ。となると、どのツールでも有料プランに加入する必要があるかと思います。個人的にはテンプレートのオシャレさと、サポートの充実具合からJimdoが良いかな、と思います。

イベントページや告知ページなどをサクッと作る場合

1ページ完結の縦長のウェブページを作るのであれば、Strikinglyがおすすめです。例えばイベントページや、商品の宣伝ページなどですね。操作が分かりやすく、簡単に作ることができます。さらに無料でも広告(というよりStrikinglyのロゴ)がフッターに小さく表示されるだけなので目立ちません。

この記事の一番最後で「ホームページ用のロゴやタイトル画像の作成方法」と「ハイクオリティな写真を無料ダウンロードできるサイト」を紹介しています。是非そちらにも目を通してみてください
 

2. ホームページというよりブログを作りたいときにおすすめ無料ツール

日記を書いたり、意見を述べたり、何かについて掘り下げたりするには、ブログサービスを使うのがおすすめです。
最近では、ブログサービスのレベルも上がっており、おしゃれなブログを簡単に作ることができます。

ブログのメリットは?

さきほど紹介したような作成したら完結するようなホームページより、記事をたくさん投稿するブログの方が人を集めやすい傾向があります。良い記事を書けばSNSで拡散されますし、GoogleYahooなどの検索エンジンからの流入も期待できます。

ここでは、おすすめのブログサービスを4つ紹介します。どれも記事を書いて、気軽に投稿できる仕組みが出来上がっています。また、広告を貼って収益を得ることもできます。

2-1. 万能で使いやすい「はてなブログ」

最近利用者が増えているのがはてなブログです。はてなブログの特徴は、デザインのカスタマイズが比較的自由にできることです。カスタマイズ方法を解説した記事も探せばたくさん見つかります。ハイクオリティなテンプレートも多数用意されています。
また、SEOに強く(うまくやれば検索上位に表示されやすい)、たくさんの訪問者を集め、大きな収入を得ているはてなブロガーもちらほら見かけます。
ちなみに広告を完全に非表示にするためには有料会員になる必要があります。途中で有料会員に切り替えることができるので、とりあえず無料で始めても良いでしょう。

2-2. 使い勝手の良い「ライブドアブログ」

ライブドアブログはシンプルで初心者でも使いやすいブログサービスです。使い勝手の良さから様々な用途で使うことができます。例えば、ライブドアブログで運営されている「2ちゃんねるまとめサイト」やウェブメディアも多数あります。はてなブログと同じく無料で使うことができ、広告を削除するには有料会員になる必要があります。

2-3. テンプレートが豊富で広告のない「Blogger

BloggerGoogleが提供する完全無料ブログサービスです。日本ではあまり知名度が高くないですが、これがかなり使い勝手が良いのです。まず、無料ながら広告が表示されません(自分で広告を貼ることはできます)。操作方法は直感的で分かりやすく、デザインテンプレートは豊富に用意されています(「blogger best template」と検索すると多数見つかります)。
問題は日本ではユーザー数が少なく、使い方の情報などがあまり日本語では見つからない点です。何にせよお金をかけずに、おしゃれなブログを使いたければおすすめです。

2-4. 自由にカスタマイズができる「WordPress

WordPress(ワードプレス)は上の3つのブログサービスとは毛色が異なります。というのもWordPressを使う場合には、自分でサーバーを借りて、HTMLCSSPHPなどのコードをいじり、ブログを作成する必要があるのです。
その分、自由度はダントツで高くなっています。隅から隅まで自分の好きなデザインを実現できます。ちなみに当サイトもWordPressで運営されています(サーバーはエックスサーバー を使っています)。


エックスサーバーでWordPressを始める8ステップ(初心者向け)

3. ポートフォリオサイトを作りたい

次に、自分の写真やアート、イラストなどの作品をのせるポートフォリオサイトを作る場合です。

ポートフォリオサイトを作る場合には、以下の4つどれかがオススメです。

はさきほどのセクションで解説したものですね。ポートフォリオはおしゃれなデザインにしたいはずなので、テンプレートの華やかさでやや劣るJimdoは外しています。

3-1. SNSながらカスタマイズ性が高いTumblr

Tumblr(タンブラー)は米国生まれのSNSです。これがものすごく自由度が高く、ポートフォリオ作りにはもってこいなのです。

特徴は?

SNSなのですが、オリジナルデザインの自分のページを持つことができます。

ハイクオリティなテンプレートがたくさん用意されており、ウェブデザインの知識がなくても簡単におしゃれなデザインのサイトを作ることができるのが特徴です。


これが無料?おしゃれなTumblrテーマ26選(レスポンシブデザイン対応)

また、HTMLCSSが書ける人であれば、自由にカスタマイズすることもできます。

無料で使える?

完全無料で使うことができます。広告を非表示にするのにも、独自ドメインを設定するのにもお金はかかりません。
Tumblr
を使ったウェブポートフォリオの作り方はこちらの記事で詳しく解説しています。


Tumblrなら簡単!おしゃれなポートフォリオサイトの作り方

3-2. 世界中の人に作品を見て欲しいならBehance

Behanceは、クリエイティブソフト会社のAdobeが提供するSNSです。世界中の凄腕クリエイターたちの素晴らしい作品を担当のできるだけでなく、マイページを作り、自分の作品を投稿していくことができます。取り扱う作品ジャンルは幅広く、アート、イラスト、ウェブデザイン、写真などなど、あらゆるものを投稿できます。

特徴は?

Isometric 3D Map Builder

自分の作品ページのデザインも、ウェブデザインの知識なしでいじることができます(ただし、サイドバーやフッターなど変更できない部分あり)。

Behanceには、各業界のトップクラスの人たちの作品が集まっています。そのレベルの高さゆえに埋もれてしまいがちですが、良い作品を投稿すれば、世界中の大勢の人たちに見てもらうことができます。また、ときには仕事に繋がるようなこともあります。作品に自信がある方は是非活用してみるべきでしょう。

よく似たサービス「Dribbble

なお、Behanceとよく似たサービスに「Dribbble」があります。こちらもBehanceと使い方は似ており、自分の作品を共有したり、世界中のクリエイターの作品を見ることができます。どちらも同じくらい人気があり、BehanceDribbleの両サービスを使っているクリエイターも多いですね。

無料で利用可

BehanceDribbleも完全無料で使用できます。

4. ネットショップを作りたい

ネットショップならBASEがおすすめ

ネットショップを開設して、グッズや商品を売りたいのであれば「BASE」がおすすめです。デザインテンプレートがたくさん用意されており、専門知識が無くても、おしゃれなページを作ることができます。また、WEB制作会社に個人で依頼すると高くつく「決済機能」も予め用意されています。クレジットカードや銀行振込、コンビニ払いにも対応しているのが素晴らしいところ。

初期費用なし

BASEは初期費用や月額料金などがかかりません。利用料は決済手数料(売上の3.6% + 40円)の形で取られるので、商品が売れなければBASEに支払う料金は0円です。気軽に始められるわけですね。

BASEはカスタマイズの自由度も高く、HTMLCSSの知識があれば、より自由な表現をすることができます。

5. ホームページ作成のスキルを身につけたい

「ホームページ作成のスキルを身につけて、ゆくゆくはウェブデザインの仕事をしたい」という場合には、上記とは全く違う方法を取る必要があります。

5-1. まずHTMLCSSを学ぼう

私たちが見ているウェブサイトは、様々な種類のコードにより表示されています。HTMLCSSPHPJavascriptなどですね。この中でもウェブデザイナーが必ずマスターしなければならないのがHTMLCSSです。

無料でHTMLCSSを学ぼう

サルワカでは、イチからHTMLCSSを学ぶための講座記事を公開しています。30個近くある講座を順番に見ていけば、それだけでかなりの知識は身につくはずです。


イチからHTMLCSSをマスターしよう

本で学びたい場合

本で学びたいという方にはHTML5&CSS3きちんと入門がおすすめです。解説が丁寧で分かりやすく、内容も充実しています。

5-2. 実際にウェブサイトを作ってみよう

HTML/CSSの基本が押さえられたら、あとは実践あるのみです。分からない部分をGoogleで検索しながら、ウェブサイトをイチから作り上げれば、スキルが一気に身につくです。個人的には、WordPressで自分のポートフォリオやウェブメディアを作るのが良いのではないかと思います。

6. おすすめのホームページ素材作成ツール

ホームページを作っていく中で「自分だけのロゴ、ヘッダー画像を作りたい」や「無料の写真を素材を使いたい」ということもあると思います。この章では、そんなときに使える便利なツールやサイトを紹介します。

ロゴやヘッダー画像をデザインできる無料ツール

20175月に日本に上陸したCanva(キャンバ)というサービスを使えば、無料でおしゃれなデザインのヘッダー画像や、ロゴなど、バナー画像などを作ることができます。
Canva
の詳細や使い方は以下の記事で解説しています。

Pocket