ブログ記事を書くネタに困った時のヒントはこれだ!

アドセンス





ブログ記事を書くネタに困った時のヒントを書き出してみました。

初心者の頃には記事ネタがなかなか出てこなくて困ることがありますよね。

そんな時に活用してみてください。

最初の切り口さえわかれば記事はすらすらと書けるようになります。

本の感想を書く

本を読んで、何も思わない事はないでしょう。何も学ばない事はないでしょう。

なにもブログに難しい書評を書かなくたっていいから、自分が本を読んで面白かったのか、何を学んだのか、どこがつまらなかったのか、何故その本を読んでいるうちに眠たくなるのか、そんな感じで気軽に感想文をブログにしてしまえばいい。

それに、本を読む習慣が無かったら本を読めるようになるしね。ブログも書ける本も読める、一石二鳥。

 映画の感想を書く

映画もいいよね。絶対なにかしらの感想は出てくるよね。

迫力があった、大物を使っている割にくそつまらなかった、自分も恋をしたくなった、

ありのままの姿の自分でいようと思った。ストーリーをざっくり紹介して、途中途中に、ここでこう思った、ここで笑った、ここで泣いた、なんてやってもいいね。

困っている事を書く

生活していて、困ったことが無い人なんていないでしょう。

人は何かしら困っている。

例えば、僕は今ブログネタが無くてこんな記事を書いている。

これがまさに困っている事なんですよね。

嬉しかったこと

これも書きやすいよね。毎日毎日悲しいことばかりじゃないよね。

例えば、僕の娘がついこの前までは「お父さんキライ」ってずっと言っていたのに、

最近は「お父さんダイスッキ!」なんて言ってくれるようになってきた。

そんな娘との日々なんて記事に出来たらいいよね。

腹が立ったこと

生きていたら腹立つことばかり。

隣の車線を走っていた車がウインカーを出さずにいきなり割り込んできた。

『おんどりゃー!おめぇはウインカー出すこと教えてもらってねぇんか!

そんな簡単な事もできねぇんか!そんな奴が車のるな!』

と言いたいところを我慢して、ブログに書く。

だってたいがいそういう人ってヤザとかだったりするしね。

直接どなりこんで変にもめてもね。いやでしょ。うん。

だからブログで発散させようぜ!

悲しかったこと

悲しみも共感を生むいい記事になります。

冷蔵庫の中に取っておいたケーキが妻に食べられてしまった。悲しい。

じゃあ次からどんな対策をすればよいのか考える、っていう記事もいいね。

楽しかったこと

旅行で楽しい経験をしたら、それをそのまま記事にできてしまうよね。

たとえばオーストラリアに行ったブログ仲間の高木仁也君なんて、

スカイダイビングで気絶した話なんかも面白くブログにしてるからね。

気絶するくらい楽しいっていいね。

苦労して解決した事

これおススメです。

人が苦労している事、それを解決できた経験を記事にするっていうのは、

誰かの役に立つ記事になるんです。

ほんまに厄介なウイルスだったけど、

記事にすることで同じような悩みを抱えている人から、

バンバンお礼コメント入ってるからね。

成功談・失敗談

成功体験・失敗体験は、説得力があります。

どういう所を気を付けていたから成功したのか。

何故失敗したのかっていう原因や理由まで書いてあげると、

読者の人の役に立つ記事に早変わりです。

まとめページをつくる

これもまさに今回の記事ですね。

何かの解決策や方法をまとめてしまうっていう記事。

こういう記事って今人気なんです。

だっていろんなサイトを探し回らなくてすむからね。

だからNaverまとめとか人気なんですよ。

ジャガイモを使ったおすすめレシピまとめ、

とか、子どもにキライって言われた時の対処法まとめとかね。

お気に入りのブログ紹介

これも僕はたまにやります。

自分が読んで参考になったなぁっていうサイトをまとめたり、

面白いなぁって思ったブログを紹介する。

でもあまりやり過ぎると「あなたらしいブログ」っていう価値は

無くなってしまうので注意。

検索する

今は、これを一番よく使っていますね。

Googleキーワードプランナーで自分が使いたいキーワードを決めて、

そのキーワードで実際に検索してみる。

それで検索上位に表示されている記事を読んで参考にして(あくまでも参考だからね。

パクらないよ!)、そういった記事よりもさらにボリュームも満足度も高い記事を書く。

はてなブックマークを見る

はてなブックマークは人気の記事、ウケている話題がすぐに分かります。

たまには、人が注目している話題にのっかかって記事にするのもありです。

できるだけあなた独自の視点で記事を書く必要がありますが。

友人を紹介する

これもたまにやります。

特に、ブログを書いている人って僕にとっては仲間なんですよね。

ブログに価値を見出しているっていう事はそれだけでも価値観が合うんです。

だからブログを通じて知り合った仲間や友人の事は、これからも積極的に紹介したいな。

買ったものを紹介

そうか、こんなんでも記事になるよね。

でも最近あんまり買い物してな、、、したわ!洗濯機買ったわ!ネタはあるね。

極端な話、今日買った食材っていう記事もできるな。うん面白い。

ニュースについて考える事を書く

色々あるよね。自分が気になるニュースについて意見を書くっていうのもネタにできるね。

STAP細胞とか、選挙とかまぁなんでもあるわな。

企画を自分で作る

○○っていうのをやってみた!」「○○を買ってみた!」とかも記事にできますね。

実際セブンイレブンで発売したドーナツを買ってみたっていう記事を書いたら、

結構みなさん読んでくれて、おもっくそコンテンツマーケティングみたいになって、この記事きっかけでドーナツ買っちゃった人もいましたからね()↓

イラストを描いてのせる

絵を描くのが好きなら、

イラストを描いてのせるだけでもブログになるよね。

どんなところに気を付けて書いたのか。どういう思いで書いたのか。そういう事を付け加えるといい記事になりそうだ。

写真をばんばんのせる

文章を書くのが苦手なら、バンバン写真をのせちゃってもいいですね。

旅行先でキレイにとれた景色、友人の表情(本人の了解もらってね)、

自分の変顔、ペットの写真(本人の了解もらってね)一言コメント付きでのせるだけでも、ちゃんとブログになりますね。

でもせっかくのせるなら10枚くらいのせましょう。

じゃないと読み応えの無い記事になっちゃいます。

批判する

勇気がいると思いますが、誰かの記事や行動を批判する記事を書いてみるのもアリです。

これは「この記事キライ!バカヤロー!サイテー!」ってだけじゃ面白くないので、

なぜその記事が嫌いなのか、何故自分が反対するのか、

あなた自身の考えはどうなのか、

っていう事まで書かないといけない。じゃないとただの悪口記事になってしまいます。

自分が使っているおススメアプリ

特にiPhoneユーザーって多いから、iPhoneのアプリを紹介するだけでも結構人気の記事になれる。

アンケートにしてしまう

読者さんに答えを振ってしまおうっていう記事。

  • 犬派か猫派か?(超くだらないけど)
  • イスラム国の人質救出のためにお金を払うべきだったか?払うべきでないか?

    なんて、自分の意見と一緒にアンケートにして、コメントをもらってもいいね。後日、そのアンケート結果を基にまた記事もできる。

    まとめ

    ブログが続けられない原因の1番は「何を書いたらいいか分からない」っていうネタ探しの問題です。このような様々な角度からブログネタを探せば、毎日何かは書ける気がしますね。

Pocket

アドセンス下




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする