初心者がブログアフィリエイトで稼ぐための3つの戦略!

アドセンス




初心者がブログアフィリエイトで稼ぐための3つの戦略を知りたくないですか?

今回の記事では、ブログアフィリエイトで稼ぐための3つの戦略についてまとめてみました。

初心者の方にもわかりやすく解説しています。この手法を使ってアフィリエイトで稼ぎましょう

初心者がブログアフィリエイトで稼ぐための3つの戦略!

趣味のブログで目指している「趣味ブロガー」は、アフィリエイターともプロブロガーとも戦略が異なります。

現在、私が趣味ブログで稼いでいる戦略は、次の3つです。

1-1アドセンサーモデル

趣味ブログを活かす最も簡単なもの、それがGoogle AdSenseで稼ぐ方法(以下「アドセンサーモデル」)です。

アフィリエイターの集客は、「稼げるジャンルの稼げるキーワード」が激戦区ですが、逆に言えば、「それ以外のキーワード」はがら空きです。

あんなにSEOの化け物でも、「アフィリエイターが狙わないキーワード」に興味はもちません(かけた労力に対してお金にならないため)。

アドセンサーモデルは、「アフィリエイターがいないがら空きのキーワード」かつ「検索ボリュームが多い(または少なくても検索意図が明確な)キーワード」を狙って、ひたすらPV数を増やして収益を増加させることに集中できます。

【応用】稼げるアドセンサーモデル

アドセンサーモデルを応用しているのが先ほど紹介した「アフィリエイトで稼げるジャンル」での記事を増やすことす。

稼げるジャンルだからといって、アフィリエイターだらけとは限りません。例えば、アフィリエイト案件がそもそもない場合、アフィリエイターは基本的にやってきません。

だから、「自分が使っている○○はとてもいいのにASPでアフィリエイトになっていない・・・」と思っても、逆にチャンスかもしれません。記事にしてみましょう。

Google AdSenseだけで広告を出している場合もあれば、ドンピシャでなくても稼げるジャンルなので、Google AdSenseに表示される広告の「クリック単価」が高くなる場合があります。

1-2お宝キーワードモデル

さて、「ブログ初心者が80記事までに知りたい「稼いでいる記事」の見つけ方」で分析をしていると、ある記事の収益が高いことに気づきます。

ときどきGoogle AdSenseの単価が他の人より高いんですよ、と言っているブロガーさんを見かけるのですが、それを喜んでいいのかは、分析しないとわかりませんが。

なぜなら、「本当はアフィリエイト広告があるのに、Google AdSenseで安い報酬しかもらっていない」可能性があるからです。

1件1000円の案件がアフィリエイト広告としてあるのに、

1クリック数十円だったら、もったいないですよね・・・。

そういう、誰も狙っていないけどアフィリエイト案件の成約率が高い「お宝キーワード」が発見されたら、アフィリエイト広告を積極的に貼りましょう。

いるんですよね。これで一気に報酬がのびるブロガーさん。

そりゃそうです。もともと発生する記事を書いているのに、低い単価で今までやってきたのですから。

Google AdSenseでクリックはされるけど、成果報酬には結びつかない案件もあります。したがって、Google AdSenseのままの方がいい場合もあります。必ず、試行錯誤して検証してください。

1-3バタフライ効果モデル

「バタフライ効果(ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか?)」、日本で言えば「風が吹けば桶屋(おけや)が儲かる」みたいなモデルです。

簡単に言えば、「集客」と「収益(マネタイズ)」が一見すると全く関係ないのに、成約してしまうモデルです。

この領域に来ると、アフィリエイターもいません。

というか、わけがわからないでしょう。

しかし、趣味ブロガーの場合、そもそも稼ぐために記事を書いていないため、たまたま書いていた記事からアフィリエイトにつながるケースが存在します。

もっと言えば、「テーマ1の記事」から「テーマ2の記事」へ内部リンクを通じて読者を誘導することも可能です。

ここが複数テーマの「雑誌ブログ(シナジー型)」の面白いところでもあります。

ブログアフィリエイトは商品が決めて!

極端な例はともかく、アフィリエイトもGoogle AdSenseも基本的に答えは決まっていて、「稼げるジャンルは稼げる」し、「稼げないジャンルは稼げない」です。

だから「月100万円稼ぎたい!」のなら、「自分の好き・得意・趣味」にこだわると絶対に失敗します。

最初から「アフィリエイト」で「稼げるジャンルの稼げる商品」にしっかりと狙いを定めないと無理です。

なぜなら、アフィリエイトの主役は「商品」だからです。

ただし、稼げるジャンルの稼げる商品は、稼ぎたいアフィリエイターでいっぱいです(笑) 検索エンジンで1位や1ページ目に入るために並々ならぬ努力をしています。

まあ、そもそも「がっつり稼ぎたい人」はこのブログを見ていないと思いますが。

地味で地道に生涯月1万円を稼ぐ方法は書いてますが、月100万円稼ぐ話は全くしていませんからね。

「なぜあなたのブログは稼げないのか?」で書いたように、アフィリエイトで稼げるジャンルは大体決まっている(商品単価が高い、広告費が出しやすいなど)ので、そこからはみ出ると全く稼げません。

★アフィリエイトで稼げる主なジャンル

1.金融系:カードローン・キャッシング、FX、クレジットカード、債務整理

2.マッチング系:転職(一般、看護師、薬剤師、SEなど)、婚活、出会い系

3.美容系:脱毛、脱毛器、エステ、育毛剤、オールインワンゲル、ダイエット

4.健康食品系:酵素、青汁、葉酸

5.食品系:カニ

6.見積系:引越し、車・バイク査定、不動産査定、自動車保険

7.資料請求系:通信教育・資格講座、無料サンプル(化粧品など)

8.定期継続系:ウォーターサーバー、格安SIM、レンタルサーバー、Wi-Fi

9.ノウハウ系:情報商材

プロブロガーは「自分」が主役!

「プロブロガーはなんでみんなコンサルやサロンをやりたがるんだ!」

というご意見もありますが、プロブロガーがブログコンサルやサロンをする理由について、少し触れておきましょう。

理由の1つは、それが提供しやすい「自己商品」だからです。

アフィリエイターは、「他社商品・サービス」を紹介するのが原則です。

「自己商品」を紹介するケースはまれです。

アフィリエイトの場合、間にASPが入るのが一般的ですが、直接企業とやり取りする「純広告」だって、やはり「他社商品・サービス」を紹介します。

つまり、他社の商品やサービスがなければ、どんなにキーワードで検索上位になっても、アフィリエイトのしようがありません。

また、アフィリエイト案件が突然終了したり、単価や承認率が下がることもあり、どうしても自分でコントロールできない部分があります。

しかし、プロブロガーは「自分自身やその生き方・考え方に興味がある人」を集客しやすい立場にいるので、そのまま「自己商品」に誘導できます。

もちろん、良い面ばかりではありません。プロブロガーのデメリットの1つ目は、「みんな同じメニューの提供になる点」です。

猫も杓子(しゃくし)もコンサル・サロンです。

「原価がかからず誰でも簡単に提供しやすいから」でしょうかね。

もう1つのデメリットは、アフィリエイトではないからこそ、労働と責任という負担が重くのしかかる点です。

アフィリエイトの場合、商品やサービスの提供やクレーム処理は「その提供会社」が行います。

これってとっても「楽」ですよね。

プロブロガーの場合は対応を間違えるととんでもないことになります。

そして、このことは、ブログを自動販売機化するにあたってデメリットになります。

まとめ

趣味ブロガーの3つのモデルは、ハッキリ言って、稼ぐにはとっても弱いです。

月100万円をこの方法で実践するにはすごいラッキーがないと無理です。

だから、このブログの到達点も月1万円にしています。

まあ、100記事で最低月5万円くらいはいってほしいなあ、と思います。

Pocket

アドセンス下




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする