アフィリエイト初心者が稼ぐための記事数は!記事の質が大切!

アドセンス




アフィリエイト初心者が稼ぐための記事数を知りたくありませんか?この記事ではアフィリエイト初心者が稼ぐための記事数について解説しています。

その中で記事の量も重要になってきますが、質が大切になります。

特に初心者の場合は重要になります。アフィリエイトで稼ぐための記事数と記事に質が理解できます。

アフィリエイトって何記事書けばいいんだろう?

って初心者の方は疑問に思いますよね。

たくさん書けばいいに越したことはないと

わかっていても、

指標みたいなものがないと苦行ですよね^^;

そこで、

1日の記事数やブログ全体の記事数といった「何記事書けばいいの?」といった疑問の答えから、

記事数と収益やPVの関係、

そして文字数などについても

わかりやすくご紹介していきたいと思います!

この記事は以下の通りに解説をしています。

・アフィリエイト初心者が稼ぐための記事数は!

・初心者がアフィリエイト書くには記事の質が大切!

・まとめ

アフィリエイトで稼ぐための記事数と質が理解できます。

アフィリエイト初心者が稼ぐための記事数は!

ブログアフィリエイトの記事数について

何記事書けばいい?

何記事書けばいいですか?

という質問を受けることが珍しくありませんが、

そもそも検索エンジンのプラットフォームで戦っている以上、

評価は相対的であるということに注意していただきたいと思います。

相対的とはつまり、

ライバルとの強さの関係が評価を決めることになります。

ですから

色々な意味でライバルより少しでも上に行くことが

決め手になる可能性が高いということを知っておく必要があります。

初心者の1日のアフィリエイト記事数

1日に書く記事数は以下の場合によって違ってきます。

・ASPアフィリエイトの場合

・トレンドアフィリエイトの場合

・ASPアフィリエイトの場合

月に10?20記事

ある程度内容を担保しつつ出来るだけ多く

・トレンドアフィリエイトの場合

1日最低1記事、推奨は3記事以上

80%でいいのでどんどんアップしてあとで追記

といったように、

取り組むアフィリエイトの内容によって違ってきます。

アフィリエイト初心者のブログ全体の記事数は!

ブログ全体の記事数は、

いずれの場合も目安は100記事とするといいと思います。

100記事書いて目に見える成果が出ないなら何かがおかしいです。

僕は500記事のブログを3つ作っても、

1円も発生しなかった過去がありますが、

やっぱり何かがおかしかったです。

記事数と収益の関係

例外的に少ない記事で稼ぐ人もいますが、

基本的には記事数と収益は比例すると思っていいと思います。

記事数によってPVは変わる?

当然、記事数が多ければブログ全体のPVは増える可能性が高いです。

ただ、PV数の重要度は、

トレンドアフィリエイトの場合、PVが生命線であることに対して、

ASPアフィリエイトの場合はPVが少なくても(読者さんが)濃ければいい

という違いがあります。

文字数はどれくらい?

しっかりと読者目線で書いていれば文字数は気にしなくてもかまいません。

ただ目安としては最低でも1,000文字は欲しいですね。

ちなみにトレンドアフィリエイトの場合は800文字以下の記事も多かったりします。

初心者がアフィリエイト書くには記事の質が大切!

記事の質は凄く重要

その通りですね。PV数を上げるためには「記事の質」は凄く重要です。

そもそもPV数を増やすためには、質か量のどちらかです。もちろん、質が高い記事を量産できれば最強ですけど、それって初心者だとかなり大変です。

私は記事を書くのが遅いので、どちらかというと質を意識しています。何をもって質を意識しているのか、それはキーワードとペルソナ、文字量です。

Google先生はユーザーファーストなので、どれだけ有益な情報(ユーザーが欲しがっている情報)を与えられるかを凄く意識しています。

ただ質の良い記事を書いても、オーガニックで上位に表示されるためにはある程度の期間が必用なことも多いので、じっくり待ちましょう。

まとめ

結論ですが、記事数や文字数は

・ASPアフィリエイトなのか

・トレンドアフィリエイトなのか

といったようにブログアフィリエイトの中でも違ってくるということが

わかったと思います。

もちろんキーワードによっても違ってきますし、ほかの要素も関係してくるかもしれません。

でも変わらないのは「相対的である」ということですね。

ですからライバルより常に上に行こうとする気持ちが大事になってきます。

Pocket

アドセンス下




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする