見込み客が抱えてる問題意識のレベルがある

いつも大変お世話になっております。

 

見込み客が抱えてる問題意識のレベルを理解して文章を書くことが大切です。

例えば

問題に対して無知状態であれば

問題を認識させる文章を書く必要があります。

これは保険を売るときなどに使います。

 

 

 

無関心のお客様もいます。

問題はわかっているが問題を解決する情熱があまりない方です。

 

考えているお客様もいます。

問題はわっかっているが解決方法がわからない方です。

問題を解決する方法を提供すれば喜びますよね。

 

 

苦痛で痛いお客様もいます。

今すぐに解決策がほしいと望んでいる方ですね。

これは、売りやすいですよね。

 

 

要するに見込み客が今の自分の問題意識を考えて書くことが大切です。

それによって説明が長くなったり短くなったりしますよね。

このようなお客さまの心理状態を考えて文章を書くことも非常に大切ですね。

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 




カテゴリー

無料でここまでの情報するのか!!

初心者に役立つ情報を提供します

メルマガ登録はここです。

お気軽に連絡をください 

▲トップへ戻る