サイト戦略について

いつも大変お世話になっております。

 

サイトにアクセスを集める方法には

SEO対策があります。

それには外部SEOと内部SEOがあります。

 

SEO対策の考え方としましては、

狙ったキーワードで上位表示を目指す方法

内部SEO対策としてテンプレートを利用する。

外部SEO対策としてSNSや被リンク、ブログランキングなどがあります。

 

ポイントとなる点は次の通りです。

キーワードの選択が重要となります。

サイトの記事ボリュームが大切です。

100~150記事は必要になります。

 

プロフィールについては現状の状況にあったものに書き直しましょう。

初期の頃と今では違いがあります。

しっかり書いてアピールをしましょう。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

問い合わせフォームの作り方

問い合わせフォームを作ってみましょう。

意外と簡単にできます。

 

 

問い合わせが来た時には確認メールを設定しておきましょう。

お客様の問い合わせに対しては、

なべく速やかに対応できる環境にしておきましょう。

 

 

名前の差し込みは利用してください。

問い合わせについてはテキストで複数行を利用しましょう。

返信メールも必ず準備してください。

 

 

これの応用としてはアンケートにも利用できます。

簡単なので作成してみてください。

例えば、ご自身のメルマガの反応を知るうえにもよいです。

 

 

トップアフィリエイターも初心者も道具はほぼ同じものを利用しています。

問題は、それをどう活用するかです。

知っているか、知らないかで稼ぎが変わってきます。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

外部SEOについて

いつも大変お世話になっております。

 

SEO対策には

内部SEO対策と外部SEO対策があります。

 

 

内部SEO対策は

気ワードの設定やテンプレート購入やキーワードは記事の作成があります。

 

 

外部SEO対策は

被リンクやソーシャルブックなどがあります。

 

特に外部SEO対策にはプラスの面とマイナスの面があります。

よく考えて使い分けましょう。

 

 

 

注意点としては

スパム判定されたサイトからの被リンクを送るとスパム判定されます。

リンクファームいわゆる大量サイトからの大量リンクはスパム判定を受けます。

 

被リンクはやらないよりやった方がよいです。

所詮はその程度です。

よく認識して設定しましょう。

 

 

サテライトサイトを利用する方法があります。

これは急激にやらず自然とつけるようにしてください。

無料ブログが有効です。

 

 

 

ドメインが古ければ古いほど強力な被リンクとなります。

自分のドメインを持つことがベストですね。

 

 

 

被リンクは一方方向がよいです。

それが不可能であれば相互リンクの方法があります。

これはブログやメルマガでリンクを呼びかけてください。

当然、なにかしらのプレゼントを渡せばより有効になります。

 

 

 

サテライトサイトを作るコツは

1サイト10記事としましょう。

記事は600文字以上としてキーワードを合わせてください。

その中の1記事のみに被リンクをつけてください。

 

これを10サイト用意してください

5サイトからリンクを送ってください。

 

アンカーテキストを利用して被リンクを送ってください。

サイトの半分にしてください。

全てのサイトからの被リンクは不可です。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

クリック解析の活用

いつも大変お世話になっております。

 

クリック解析は何故必要なのか考えみましょう。

自分の文章の強みを発見しましょう。

これは問題発見をすることです。

 

 

ビジネスの応用します。

ブログやメルマガ、ステップメールに設置しておきましょう。

ビジネスの初期に必要なツールです。

 

 

 

クリック率がある程度わかれば

今後の戦略がたてることができます。

また意外性や自分の強みを発見することにもなります。

 

 

 

アフィリエイトリンクは同じURLを違うURL短縮してクリック率を調べましょう。

これは売れた時にどこから売れたかがわかります。

これにより修正箇所がわかります。

 

 

 

自分自身の問題点を発見して改善ができます。

論理的に考えましょう。

文章力が上がればクリック率も上がります。

 

 

 

 

クリック率は5%前後を目指しましょう。

ライティングスキルを向上させて

データーを分析して

アフィリエイトリンクへ誘導しましょう。

これがマーケティングになります。

 

 

 

 

クリック解析ツールは

短縮機能があるものを利用すします。

無料のものは使用しないほうが良いと思います。

クリック数を測定します。

ビジネス評価ではかかせません。

原因追求をおこない欠陥を見つけなければなりません。

お客様の動向を調べなければ次の行動が起こせません。

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

クリック解析について

反応率を調べるためにツールを使う必要があります。

これは客観的にデーターをとり分析する必要があります。

これがクリック解析ツールです

 

 

 

記事を書いてその良し悪しを調べて分析しなければなりません。

これをやらないとただ書いただけの記事になります。

アフィリエイターは売れる記事を書かなればなりません。

文章のどこが良く、どこが悪い分析して改善しなければなりません。

これば仕事です。

 

 

よい文書とは簡単な文章でお客様が購入する行動に移してくれる文章です。

それにはクリックされた文章がどこか調べる必要があります。

代理広告としてどれだけアフィリエイトリンクへ誘導できているのを調べる必要があります。

リンクをクリックされる文書がよいです。

そして次の行動と導くことが大切です。

 

 

 

これにはクリックされたかを測定する必要があります。

憶測や勘ではだめです。

お客様の動向を観察する必要があります。

 

 

 

売れるアフィリエイターはここはシビアに図っています。

アフィリエイトリンクは短縮に変換して方が良いです。

長いURLではお客様が違和感を感じることがありません。

 

 

 

データーを分析することにより客観的に強みの属性や読者の興味が分かります。

文章を修正するポイントを考えるのです。

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




カテゴリー

アーカイブ

無料でここまでの情報するのか!!

初心者に役立つ情報を提供します

メルマガ登録はここです。

お気軽に連絡をください 

▲トップへ戻る