クリック解析の活用

いつも大変お世話になっております。

 

クリック解析は何故必要なのか考えみましょう。

自分の文章の強みを発見しましょう。

これは問題発見をすることです。

 

 

ビジネスの応用します。

ブログやメルマガ、ステップメールに設置しておきましょう。

ビジネスの初期に必要なツールです。

 

 

 

クリック率がある程度わかれば

今後の戦略がたてることができます。

また意外性や自分の強みを発見することにもなります。

 

 

 

アフィリエイトリンクは同じURLを違うURL短縮してクリック率を調べましょう。

これは売れた時にどこから売れたかがわかります。

これにより修正箇所がわかります。

 

 

 

自分自身の問題点を発見して改善ができます。

論理的に考えましょう。

文章力が上がればクリック率も上がります。

 

 

 

 

クリック率は5%前後を目指しましょう。

ライティングスキルを向上させて

データーを分析して

アフィリエイトリンクへ誘導しましょう。

これがマーケティングになります。

 

 

 

 

クリック解析ツールは

短縮機能があるものを利用すします。

無料のものは使用しないほうが良いと思います。

クリック数を測定します。

ビジネス評価ではかかせません。

原因追求をおこない欠陥を見つけなければなりません。

お客様の動向を調べなければ次の行動が起こせません。

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

クリック解析について

反応率を調べるためにツールを使う必要があります。

これは客観的にデーターをとり分析する必要があります。

これがクリック解析ツールです

 

 

 

記事を書いてその良し悪しを調べて分析しなければなりません。

これをやらないとただ書いただけの記事になります。

アフィリエイターは売れる記事を書かなればなりません。

文章のどこが良く、どこが悪い分析して改善しなければなりません。

これば仕事です。

 

 

よい文書とは簡単な文章でお客様が購入する行動に移してくれる文章です。

それにはクリックされた文章がどこか調べる必要があります。

代理広告としてどれだけアフィリエイトリンクへ誘導できているのを調べる必要があります。

リンクをクリックされる文書がよいです。

そして次の行動と導くことが大切です。

 

 

 

これにはクリックされたかを測定する必要があります。

憶測や勘ではだめです。

お客様の動向を観察する必要があります。

 

 

 

売れるアフィリエイターはここはシビアに図っています。

アフィリエイトリンクは短縮に変換して方が良いです。

長いURLではお客様が違和感を感じることがありません。

 

 

 

データーを分析することにより客観的に強みの属性や読者の興味が分かります。

文章を修正するポイントを考えるのです。

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネットでの集客が大切

 

いつも大変お世話になっております。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

稼ぐにはどうしても集客が必要になりますよね。

これが要の考えたになりますのでよく理解してください。

今回は読者の集客方法とそのやり方とリストを取る方法について解説します。

clip_image001

 

 

方法としては、

ブログからプレゼントを準備して名前とリストを残してもらう方法があります。

これには読者にプレゼントを渡すことがベターな方法です。

読者にとって有益なプレゼントを渡す代わりにアドレスと名前を残してもらいます。

clip_image002

 

 

次に

無料レポートスタンドを利用してリストを集める方法があります。

これはリストの質はあまり良くないと言われています。

レポートはワードで作成します。

20~30ページのレポートを作成で十分です。

これをPDFにして公開します。

この際に、テンプレートを使用すれば見栄えの良いレポートができます。

是非、購入検討をしてください。

一見の見栄えが大切になります。

clip_image003

clip_image004

clip_image005

 

 

 

無料レポートの内容はどのようなことがレポートすればよいでしょうか。

それは自分で今まで勉強したことをまとめることをすすめます。

ちなみにネットビジネスを勉強しているなら

それをまとめてレポートすれば良いです。

clip_image006

 

 

 

最初からすごいレポートを目指さなくてよいです。

ハードルを低めに設定します。

そして今の自分の知識で書ける範囲で試してみましょう。

書けば書くほど上手くなります。

これは経験値が大切です。

clip_image007

 

 

 

レポートスタンドはメルぞうをおすすめします。

レポートの審査はありますが、安定してリストが集まります。

余裕があれば他のレポートスタンドも使ってもよいです。

ちなみに、メルぞうは無料メール(Gメール)を利用することになります。

clip_image009

 

 

 

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




カテゴリー

無料でここまでの情報するのか!!

初心者に役立つ情報を提供します

メルマガ登録はここです。

お気軽に連絡をください 

▲トップへ戻る