メールを出す前のチェック事項

いつも大変お世話になっております。

 

 

 

メールを書き上げて直ぐに送信してはダメです。

必要な箇所をチェックしましょう。

文書は修正すればするほぼよくなってきます。

再度確認しましょう。

 

 

 

最低ラインでは誤字脱字は必須事項です。

日本語がまともに書かれているか確認してください。

主語と述語の結びがおかしくはなか。

副詞の使い方がおかしくないか。

基本事項は必ずチェックしてください。

 

 

 

くどい表現がないか。

同じ言葉を繰り返し使ってないか

回りくどい表現が無いか

それぞれを確認してください。

 

 

 

文章にインパクトと出せないかをチェックしてください。

難しい言葉を使っていないかを確認してください。

イメージ的には小学生5,6年生が読んでストレスが無い程度にしましょう。知らない言葉や専門用語はできるだけ避けましょう。

 

 

 

何か主張したらその理由を明確にしていることを確認してください。

 

 

文書の流れがまとまっていることを確認しましょう。

要するに導線がきれいになっていることが大切です。

 

 

 

メールを流す前に上記は必ず確認してくだい。

時間はかからないと思います。

この校正をすることによりしっかりとした文章になります。

最低限の日本語の正確性は身につけておきましょう。

 

 

 

ご講読いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

行動してもらえる文章の書き方

いつも大変お世話になっております。

 

 

今日は、どのような表現をすれば行動してくれるかを解説します。

先ずは、こちらの要求は文章にすることですね。

 

 

こうしてくださいと明言することです。

例えば、ここをクリックしてください。

とか明確にすることです。

何をすればよいのかを明確にすることです。

 

 

 

興奮させること手法にあります。

ベネフィットを強調することです。

これは良いことを並べることになります。

 

 

 

期間とか数量を限定することもよいことです。

もちろん何故なのかを理由を明確にして説明してください。

期間を限定してほうが商品は売りやすいですね。

 

 

 

 

バーナスを提供することも効果があります。

属性にあった価値のあるボーナスをいっぱいつけてください。

それは関連性のあるものに限ります。

 

 

 

ボーナスの出し方にも工夫が必要です。

なるべく小分けしたほうがよいと思います。

それはケースバイケースで考えてみてください。

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

読み手を信用させる方法とは

いつも大変お世話になっております。

 

 

メルマガを書くと時に読み手が自分を信じてくれいるか気になりますね。

ではどのようにして信用させていけばよいのですか。

 

 

それは

言葉を変えて同じこと3回繰り返す必要があります。

そうすれば読み手の記憶に残ります。

記憶の中で真実になってきます。

 

 

 

次に読み手の疑問に答えることです。

何か主張すれば、その理由を述べてください。

これが基本のセットになります。

 

何かのメッセージを伝えたならば

その理由と根拠を直ぐに述べてください。

 

 

読み手を信用させるには社会的な照明があれば楽になります。

推薦者、利用者の声、書籍からの引用などです。

データーを利用することも有効ですね。

 

 

特に書籍からの引用は有効です。

全てを引用するのはダメですけど、

部分的に引用は認められています。

これを利用するのです。

 

 

 

とにかく文章に自信を見せてください。

文章の文末を言い切り型にし、その言葉を多く使ってください。

そして堂々とした文書を書いてください。

 

 

相手を批判することも有効な手法にもなります。

しかし、批判したらその代替え案を必ず提示してください。

前向きな意見を多く取り入れてください。

 

 

 

ライバルと比較して良い面を主張してください。

しかし、最終的にそれが良いか悪いかはお客様の判断にゆだねてください。

 

 

 

ストーリー性を持たせて話を展開させれば読まれやすく、信じやすくなります。

また、事実を述べた後に数字を含む事実を書けばより具体的になります。

数字が出てれば本当ぽっく見ええてきます。

具体的に事実の基づいて書いて下さい。

 

 

 

そして事実から初めて、自分の主張へと展開させましょう。

これは肯定てきな文章を並べて読み手をイエスの状態したのち、

自分の主張を述べる方法です。

 

 

これららの方法を利用して、

私はあなたの味方であることを信じてもらいましょう。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

わかりやすい文章を書く意識をもとう!

いつも大変お世話になっております

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

初心者アフィリエイトは文章を書くのが苦手な方が多いですね。

さて、どうすればわかりやすく文章が書けるのでしょうか?

 

イメージしやすい言葉を使ってください。

イメージしやすい言葉とは!

簡単な言葉です。

これをなるべく多く使ってくだださい。

 

たとえな100ヘクタールの広さを表現するときには

東京ドーム100個分と表現すればわかりやすいですね。

このように具体的に書いていきましょう。

 

 

次に例を出して説明しましょう。

同じ事例を文書を変えて説明しましょう。

例を出さないと伝わりません。

 

 

これはテクニックになりますが。

文章のはじめとおわりに同じ文章を持ってくる方法です。

結論から持ってきてイメージをわかせます。

 

 

例えば

私が伝えたかったのはこういうことです。

私が伝えたかったのはこういうことでした。

 

 

最初の文章は忘れてしまう可能性があります。

最後には何が言いたいのかわからなくなることがあります。

その対策として最初と最後にサンドイッチすればよいのです。

 

 

 

次の文書を読ませるように文章を書くことです。

どうすれば良いのでしょうか。

それは文章に流れを作ることです。

 

そして接続語を独立させることも有効です。

実は

・・・・・

しかし

・・・・・・

ちょっとしたテクニックですね。

 

 

文末表現とその次の文書を重ねることも有効です。

例えばこれは裏技かもしれもせんが、実はマル秘ほ裏技でした。

とかして使ってみてください。

 

 

読み手を強制的に巻き込むことも必要です。

読み手がすでに参加した様にして愛着をもたせます。

無理矢理に参加した様にしたもよいでしょう。

もう巻き込んだ様に話します。

 

例えば

この商品を買ったことを前提に次の話をします。

慣れれば簡単に使用できます。

 

 

 

読み手が考えそうな質問をして、

その質問にあえて答える様な感じで書くことよいでしょう。

 

 

見込み客が普段使っている言葉を使って文章を書きましょう。

女子大生とか、コンピューターオタクとかね。

 

 

文章を書くコツは、簡単な言葉つかって書くことです。

文豪ではないので凝った言葉は必要ありません。

簡単でシンプルな表現を使いましょう。

 

最終目的はアフィリエイトリンクをクリックしてもらうことを忘れすに!!

 

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

文章を読ませるにはコツとしてストーリー性を持たせる

いつも大変お世話になっております。

 

 

これはちょっとしたテクニックです。

ストーリー性を持たせて文章を書けば反応が上がります。

もしくは反応が安定します。

 

 

人はストーリーが好きです。

だからはまった時にインパクトは計りきれません。

根拠がなくても人は物語を信用します。

感動させられれば尚ベストです。

 

 

これは慣れれば簡単に文章が書けます。

あなたも身につけてはいかがでしょうか。

反応が向上すると思います。

 

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




カテゴリー

アーカイブ

無料でここまでの情報するのか!!

初心者に役立つ情報を提供します

メルマガ登録はここです。

お気軽に連絡をください 

▲トップへ戻る