ライティングの流れについて

いつも大変お世話になっております。

 

先ず、ライティングの基本について話します。

あなたの悩みを解決するのは私ですと宣言しましょう。

私ですよ!と

宣言しましょう。そして約束することです。

 

 

その順序を説明します。

お客様を理解させて共感させてください。

これが初めの一歩です。

 

 

それから教育をします。

いかに今、私が提供しているものが素晴らしいものかを、

説明します。

 

 

そして興奮させます。

これはベネフィットを全面に押し出してください。

ひたすら言ってください。

ここがポイントとなります。

 

 

次に行動に移してもらう言葉を並べましょう。

例えば

今すぐ申し込むのであればここをクリックしてください。

とかね。

 

 

導線をきれいに整えてください

これは人間の心理の流れに沿ったものが基本です。

 

流れの例は

1.あなたが誰に向かって話かけているのかを強く意識します。

2.お客様は大変な思いをされていることに共感します、

3.だからこそ、こんなサービスがあります。提供できます。

4.これを使えば二度と悩みを抱えることはありません。コンプレックスを解消させます。

5.さあ、ここをクリックしてください。と購入と促します。

 

このきれいな導線を意識して書くことが大切です。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

見込み客が抱えてる問題意識のレベルがある

いつも大変お世話になっております。

 

見込み客が抱えてる問題意識のレベルを理解して文章を書くことが大切です。

例えば

問題に対して無知状態であれば

問題を認識させる文章を書く必要があります。

これは保険を売るときなどに使います。

 

 

 

無関心のお客様もいます。

問題はわかっているが問題を解決する情熱があまりない方です。

 

考えているお客様もいます。

問題はわっかっているが解決方法がわからない方です。

問題を解決する方法を提供すれば喜びますよね。

 

 

苦痛で痛いお客様もいます。

今すぐに解決策がほしいと望んでいる方ですね。

これは、売りやすいですよね。

 

 

要するに見込み客が今の自分の問題意識を考えて書くことが大切です。

それによって説明が長くなったり短くなったりしますよね。

このようなお客さまの心理状態を考えて文章を書くことも非常に大切ですね。

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

メルマガを読まない心理的ブロック

いつも大変お世話になっております。

 

 

メルマガを運営するに時に一番の課題は何か?

それはお客さんが文章を読んでくれないことです。

これを乗り越えなければ先はありません。

 

 

 

ではどのようにすればよいのでしょうか?

お客様はそもそも読まない、信じない、行動しないものです。

これを意識して書くことが大切です。

 

 

 

読ませて信じさせるにはどうすればよいでしょう。

これはお客さまの提供する情報をよくリサーチすることです。

できれば客観的なデーターに基づいて説明できれば最高です。

データーが無ければ書籍からの引用でも問題ありません。

きっと反応が上がると思います。

 

 

 

次に行動を促すにはどのようすればよいでしょうか。

それはお客様に何をすべきかを明言することです。

例えば興奮させてその次にはクリックさせる方法を取れれば効果的です。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ライティングでの3つの大切な意識

いつも大変お世話になっております。

 

ライティングとは何か。

これは科学みたいなものです。

反応の出る言葉をテストします。

そして数字を向上させます。

 

アートの要素も備えています。

感情とか感性を言葉に表現します。

これをビジネスに展開させます。

 

理論的な要素だけではよくなく、

感情とかひらめきとか感情が重要な要素になります。

 

 

ライティングで3つの重要は次の通りです。

・ワンメッセージ、ワンアウトカムです。

・誰に向けてメッセージを書くのか?

・読み手が普段使っている言葉を使う。

この3つが大切になります。

 

 

 

・ワンメッセージ、ワンアウトカムとは

1つの入り口用意して1つの出口しか用意しないことです。

ターゲットには1つのメッセージを伝えます。

そしてそれを売るように仕掛けるのです。

 

それだけにリンクを貼っておくのです。

関係ないメッセージやリンクは貼らないほうがよいですね。

混乱した脳は常にノーと言います。

関係の無いものを売らないようにしましょう。

 

 

これはリストをとるページと物を売るページは分けたほうがよいです。

これのほうが効率がよいです。

必要以上のリンクも貼らない方がよいですね。

 

一貫性とした軸を作ったほうがよいですね。

これは読み手がわかるようにすることが大切です。

一本の軸を作りぶれないようにいつもコントロールしましょう。

 

 

誰に向けてメッセージを書くのか?

これは一人に向かって話せという事ですね。

では具体的には誰でしょう。

 

 

好きな人

親もしくは自分の子供に

自分自身に

これが理想の見込み客になります。

 

 

 

好きな人に売り込みはしますか。

強引な言葉で誘導しますか

しませんよね。

 

ラブレターを書く感じで書けば良いのです。

そして色々なことを考えながら書くことです。

これがライティングを上達させるコツです。

読み手が普段使っている言葉を使うことがポイントです。

読み手がつかう

単語や

フレーズや

読み手の視線で

書くことが大切です。

 

 

ターゲットが好んで使っている言葉を探すのです。

これにはリサーチをしっかりしなければなりません。

多く的確に数多く使用してください。

 

ターゲットは自分達が反応しない言葉に反応します。

それを文章の中にちりばめてください。

 

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ライティング力を身に付いけるにはリサーチを大切に

いつも大変お世話になっております。

 

書き始める前にやることは

リサーチをしっかりしましょう。

これは商品のそのものについて調べましょう。

 

 

どんなところで紹介されているか媒体のチェックしてみます。

雑誌やオフラインでの動向も大切です。

どのような人に売れているのか調べます。

 

 

要するにお金が動いているかいなかを確認します。

市場の人と話をしてみるのもよいですね。

SNSなのでコミュニケーションをとることもよいでしょう。

 

 

 

ターゲットが決まれば同じ生活をするのも良いと思います。

自分で経験してみるのもよいでしょう。

気持ちやフィーリングや波長がわかるようになります。

 

そうすれば読み手に共感が得られやすくなります。

 

 

数値よりも経験が大切になります。

その部分から共通点を見つけていきます。

反応する言葉がわかってきます。

ターゲットと同じ経験をすることが重要です。

 

 

 

このリサーチですがめんどくさいです。

しかしやるとやらないとでは売り上げに差が出てきます。

これに時間を費やしてください。

 

 

 

キーワードを見つけましょう。

キーワードは自分が思いついて事を毎日書きましょう。

自分で調べてキーワードを見つけていきましょう。

 

 

300~500はキーワードを書きだしましょう。

このアナログチックな方法が大切です。

これを基に反応しそうな文章を書いていきましょう。

 

 

文章は全部読んでもらうことはなかなか難しいです。

そこで反応するキーワードを見つけて文章にしていきます。

 

 

 

商品のリサーチをしっかりしてライバルが使ってないキーワードを見つけましょう。

ライバルが使ってないキーワードを見つけてください。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 




カテゴリー

無料でここまでの情報するのか!!

初心者に役立つ情報を提供します

メルマガ登録はここです。

お気軽に連絡をください 

▲トップへ戻る