【初心者向】ブログ記事の見出しタグとは!使い方についての解説

みなさん、ブログに見出しってつけてますか??

わたしは、無料ブログで書いていた頃は見出しをつけたことがありませんでした。

でもどうやら見出しはつけたほうがいいらしいぞ??ということを知り、ワードプレスに移行してからつけ始めたんですが、はじめはルールも何もわからずつけていました・・

ルール無視だったのでそりゃもうひどかった・・

 わたしのような間違いをしてほしくなーいぃぃぃ!!

この記事の内容は次の通りです。

  • 見出しってなんのこと?
  • 数字が小さい見出しのほうが重要度が高い!
  • 文章中にh1タグは使わない!
  • 見出しは入れ子になるようにして使う
  • 無意味な見出しは使わない!
  • 見た目を良くするだけのものではない
  • まとめ

ということで、超超超基本の見出しのつけ方についてお話していきますね。

見出しってなんのこと?

まずそもそも、見出しってなんのこと??という説明をさせていただきます。

ワードプレスで記事を書くときには、ここを選んで設定することができます。

見出しをつける目的は、

  • SEO対策
  • 読みやすくするため

主にこの2つです。

Googleさんに、ブログ記事で1番大事!と判断されるのはブログ記事タイトルですが、その次に見出しが大事!と判断されます。

ですので、見出しにもキーワードを入れるようにしましょう♪

数字が小さい見出しのほうが重要度が高い!

  • 段落1=h1タグ
  • 段落2=h2タグ
  • 段落3=h3タグ
  • 段落4=h4タグ
  • 段落5=h5タグ
  • 段落6=h6タグ

段落をつけるとき、それぞれ段落1はh1タグ、段落2はh2タグで囲まれることになるんですが、これ、数字が小さいもののほうが重要度が高いとGoogleさんは判断します!

ですのでめちゃくちゃ大事!

これだけは覚えて帰って~~!

ということはh6に書くよりもh2に書いたほうが良い、ということですね^^

文章中にh1タグは使わない!

hタグはワードプレスのエディタを見ると段落1(=h1)からはじまっていますが、h1タグはブログ記事タイトルに使われていることが多いので使用しないでください。

いっちばん大事なh1が2つもあるよ??!どっちが大事なの??!とGoogleさんが混乱してしまって、サイトの評価ダウンに繋がってしまう可能性もあります。

ワードプレスのテーマによってはブログ記事タイトルがh1ではなくh2の場合もあるそうなので、使用しているテーマではブログ記事タイトルはh1が使われているのかな?h2が使われているのかな??をきちんと確認してくださいね!

見出しは入れ子になるようにして使う

基本的に見出しは入れ子になるように使います。

大きなテーマの中に、それに関わる説明などを入れていくイメージです。

h2→h3→h4と順番に使うもので、h3のデザインがかわいいからh2は使わずにh3だけを使おう~!というものではありませんのでご注意を。

好きなデザインの見出しにしたい!という場合はCSSを触れば変更することができますよ~!

テーマによっては数種類のデザインがもともと用意されていたりもします。

無意味な見出しは使わない!

見出し2の中に見出し3が1つしか入っていない場合。

この場合だと、見出し3は必要ありません。

見出し2だけで済ませてしまってOKです!

見た目を良くするだけのものではない

はじめにも言いましたが、見出しを使う目的は

  • SEO対策
  • 読みやすくするため

この2つです。

SEO対策=訪問してもらうために検索結果に引っかかりやすいようにするため

読みやすくする=記事を読んでもらうときにわかりやすくするため

まずは見つけてもらうことが大事なのでSEO対策をしっかり行います。

そして、見つけて訪問してもらった方が読みやすいように整えます。

つまり、読んでもらうため&読みやすくするため=読者のためということ!

ただただ「見た目をよくするためだけ」のものではないことを理解しておいてくださいね。これほんとに大事!

まとめ

というわけで、見出しの基本についてお話させていただきました。

見出しをつける目的は、

  • SEO対策
  • 読みやすくするため

使用するときのポイントは以下のとおりです。

  • 数字が小さい見出しのほうが重要度が高い
  • 文章中にh1タグは使わない
  • 見出しは入れ子になるように使う
  • 無意味な見出しは使わない
  • 見た目を良くするだけのものではない

どうでしょう?なんとなく見出しのこと、わかってもらえましたか?

つぎのブログを書くときにぜひ意識してみてくださいね♪