ブログ記事のアウトラインは重要!初心者でも簡単にできる方法とは

今日はぼくのブログの書き方の手順をご紹介したいと思います。

もちろんこれが絶対ということではなく、あくまで一つの方法ということで

読んでいただければと思います。

特に初心者さんには参考になるところがあるのではないかと思います。

お役にたてれば幸いです。

この記事の内容は次の通りです。

  • ブログの書き方概要
  • 何について書くかお題を決める
  • キーワードを決める
  • アウトラインを決める
  • 画像を準備する
  • MarsEditに見出しを打ち込む
  • 本編を書く・写真を挿入する
  • WordPressにアップロードする
  • ブラウザ上でプレビューして記事をチェックする
  • 公開する
  • まとめ

ブログの書き方概要

大雑把に言うと次のような段階を踏んでいます。

ブログの記事を書く手順

  1. お題を決める
  2. キーワードを決める
  3. 記事のアウトラインを決める
  4. 挿入する画像の用意をする
  5. MarsEditに見出しだけ打ち込んでいく
  6. 本編の執筆・写真の挿入
  7. WordPressにアップロードする
  8. ブラウザ上でレビューして最終確認をする
  9. 公開

ちょっと行程が多く見えますかね?

細かく段階わけしたので

手順が多く見えますが心配はありません。

もっとざっくり言うと、

何を書くか決めて記事全体の流れを決めて挿入する画像の用意をしたら書く

書いたらアップロードと最終チェック。

そして公開する。

というような感じです。

全体の構成を決めるという行程を設けているのがポイントです

何について書くかお題を決める

何はともあれ何について書くのかが

決まらなければ書き始められません。

あなたのブログに沿ったお題で

何か興味のあることを探しましょう

キーワードを決める

次にキーワードを決めていきます

キーワード決め、

ブログ…というかWebコンテンツを運営する上で

非常に重要な行程なのですが、

未だに正直これがベストという方法を見いだせておりません。

このサイトではキーワードにしたいと思うワードが

実際にどのくらいの回数検索されているものなのか?

競合サイトがどのくらいいるのか?

合わせて複合キーワードにするなら

どんなワードがいいのか?

などをまとめて調べることが出来るんです。

「ブログの書き方」というキーワード、

月に1300件ほどの検索のようです。

ついでに「ブログ 書き方」でも調べましたが

3600件ほどの検索件数でした。

まあ、需要はあると判断して

「ブログ 書き方」をキーワードとして

本記事を書いています。

自分がこれから書く記事はどんな人に必要なのか?

その人は何というワードで検索をするだろうか?

と考える作業だとも言えます

この時点で記事のタイトルを決めます。

どうしても決まらなかったら、

執筆画面のタイトル欄にキーワードだけ入力しておきます。

アウトラインを決める

次にアウトラインを決めていきます。

アウトラインというのは

その記事の大まかな流れを決めることです

要するに記事の構成を決めていくということですよね。

もう少し具体的に言うと

見出しを決めていくという作業になります。

あなたが読んでいるこの記事で言うと、

要するにこれ↓ です。

ブログの記事を書く手順

  1. お題を決める
  2. キーワードを決める
  3. 記事のアウトラインを決める
  4. 挿入する画像の用意をする
  5. MarsEditに見出しだけ打ち込んでいく
  6. 本編の執筆・写真の挿入
  7. WordPressにアップロードする
  8. ブラウザ上でレビューして最終確認をする
  9. 公開

大雑把にこれを説明していけば、

最終的に書き方は理解してもらえるだろうという

大まかな流れ。

もっとブログ的に言うと

<h2>タグ・<h3>タグだけ書いていく、

というようなイメージ。

ここで記事の設計図が書かれることになります。

一番、重要な作業と言ってもいいでしょうね。

なぜこのようなアウトラインを書いていくのかと言えば、

本編を書いているときに話が脱線しないようにすること、が

一番の理由になります。

経験ある方もいるんじゃないかと思いますが、

書いているうちにあれも書こう、これも書こうとやっているうちに

話が膨らみすぎて収集がつかなくなった…

って、なりがちなんですよね。

そうならないように

細かい部分を書き始める前に

通しでおおまかな流れを決めておくんです。

アウトラインだけなら

短い時間でさっと作れるというのも利点です

.

画像を準備する

大まかな流れが決まってくると

何を説明するときにどんな画像がほしいか?も

およそ決まってきますよね。

本格的に記事を書き始める前に

記事に挿入したい画像を用意してしまいます。

このときに画像の圧縮、サーバーへのアップロードまで

やってしまうと

書くときに非常に楽になります

参考までに画像の圧縮については

MacのiMage Toolsというアプリで、

画像のアップロードは画像置き場にFlickrを使っているので、

そこにアップしています。

画像は自分で写真を撮るか、

Pixabayというフリーの写真をダウンロード出来るサイトを

利用していることが多いです。

MarsEditに見出しを打ち込む

ここまでで素材が揃いました。

記事のアウトラインと、それに使う画像。

自分の場合、ブログを書くときには

MacのMarsEditというテキストエディタアプリを使っていますが、

ここでMarsEditに見出しだけ打ち込んでしまいます

なぜ見出しだけ先に打ち込むかというと

見出しを打ち込んだ時点で

アウトラインを作るときに使っている

Workflowyというアプリの画面を閉じることが出来るから。

日頃、ノートPCで作業をするので

画面を少しでも空けることは重要なのです。

ちなみに記事の執筆を2日間にわける場合

ここで分ける場合が多いです

ここまでやっておくと

あとはパソコンさえ持ち出せば

ブログを書いていくことが出来るからです。

本編を書く・写真を挿入する

ようやく(?)本編を執筆する段階にやってきました。

すでにMarsEditには見出しが登録されているので

その中身を書いていくだけです

見出しに分けられているということは

書く内容も細かく設定されているということなので

構成考えながら書くよりも

書きやすいと思いますよ。

記事を書くとともに

必要なところに写真・画像を挿入することも

順番に行っていきます。

自分の場合、

記事を書いて、写真を挿入するところに来たら写真を入れて、

また文字を書いて…

というように上から順番に作っていってしまいます。

先に全部文字を書いてから

まとめて写真を入れていくというようなことはしないですね。

文章の途中、

ところどころ黄色い下線がついている部分があると思いますが、

この設定はすべて書き終わったあとにまとめてやっています。

WordPressにアップロードする

この段階にくると

基本的に記事は完成しているはず。

WordPressにアップロードします。

MarsEditはアップロードボタンを押しても

すぐには公開されないような設定になっています。

いったん下書きになるようにアップロードをしていきます。

ブラウザ上でプレビューして記事をチェックする

アップロードしたら

ブラウザ上でプレビューをして

表示がおかしなところはないか確認していきます

必要があればここで修正の作業をすることになります。

公開する

問題がなければそれで記事は完成となります。

晴れて公開ボタンを押すだけとなりました。

必要があれば投稿時間の予約、

Twitterと連携していればその設定などをこなし、

投稿ボタンを押せば完了となります。

まとめ

今日はブログの記事を書くときの

ぼくのやり方を紹介してみました。

次のような流れでしたね。

ブログの記事を書く手順

  1. お題を決める
  2. キーワードを決める
  3. 記事のアウトラインを決める
  4. 挿入する画像の用意をする
  5. MarsEditに見出しだけ打ち込んでいく
  6. 本編の執筆・写真の挿入
  7. WordPressにアップロードする
  8. ブラウザ上でレビューして最終確認をする
  9. 公開

アウトラインを作るというのが

めちゃくちゃポイントです。

手順をこのように書くと

細かくて段階が多いようにも見えるかもしれませんが、

逆に段階をしっかり設定してあげることで

迷わず各作業を行っていくことが出来ます。

これはブログを書くことだけでなく

仕事にも応用出来ることですね。