ブログは何ヶ月継続したら収益化できるの?ブログを継続したら稼げる!


ブログで稼ぎたいけど、自分みたいな初心者が何ヶ月ブログを継続したら稼げるようになるの? 稼げる金額も知りたい

 こんな悩みを解決します。

この記事の内容は次の通りです。

  • ブログをただ何か月も継続しても収益化できません。
  • ブログを収益化するなら何か月という枠に捉われないこと
  • 収益化する為にブログを何か月も無駄に続ける前にできること

本業で成果を出しても大して上がらない給料に絶望して副業ブログを始めた僕ですが、

初めの頃は同じような悩みを持っていました。

ゴールの見えない継続は怖いですよね。

ブログをただ何か月も継続しても収益化できません。


結論はこれですね。

3か月頑張れば毎月1万円

100記事書けば毎月3万円

とか言っている記事は全て嘘です。

そんな甘い世界ではありません。

ブログ収益化の為に『何か月間やれ』という本当の意味

3か月やれば〜、1年間継続できれば〜

実はこれには本当の意味があります。

  1. 具体的な日数を出して夢を見させる
  2. ドメインパワーが強くなるまで時間が掛かる
  3. 初心者のライティングスキルでは稼げない

理由①:具体的な日数を出して夢を見させる

ゴールの見えない努力は辛いですから、初心者のモチベーションを上げる為に具体的な日数を出しています。

1か月ブログ更新を続けた初心者がいるとします。

この時点での1日のPV数はほぼ0でしょう。

これめちゃくちゃに辛いんですよね。

『こんなに頑張って記事を書いているのに収益どころか誰も見ていない、、、』

でも3か月頑張れば稼げるかも!と思っていれば1か月時点での挫折率は下がります。

理由②:ドメインパワーが強くなるまでに時間が掛かる

ドメインパワーはサイトの強さみたいなイメージでOKです。

このドメインパワーを上げるには時間がかかります。

どんなにいい記事でも作りたてのブログではGoogleに上位表示されないようになっています。

上位表示されないどころか、Google検索にあなたのブログしかありえないようなワードを入れても表示されません。

ですから、初めて書いた記事がいきなりアクセス大量のアクセス集めるなんてことは初心者でもプロでもあり得ないことなんです。

理由③:初心者のライティングスキルでは稼げない

読者に記事を読んでもらうためには

『見やすく・分かりやすく』が鉄則ですが、いきなり文章力がある人は少ないですね。

全く同じ文章でも改行が違うだけで読みやすさは段違いなので、習得するまでに時間が掛かるのも最初は収益化が出来ないと言われる一つの要因です。

ブログを収益化するなら何か月という枠に捉われないこと

ここまでも書いてきたようにブログを何か月やったら収益化できるかなんて正解はありません。

1か月やそこらで成果が出ることがないのは間違い無いですね。

とは言え、やっぱり指標は欲しいですね。

ブログ初心者の最初の目標

  • 集客記事30本
  • 収益記事3セット

収益記事から書いてそれらを集客する記事を書きます。

あくまで当面の目標です。これらの記事を作ったからいくら稼げるとかはありません。

これらを書いたら他ブログの似た内容の記事をチェックして自分が優っている点と劣っている点を研究し、新規記事ではなくリライト(記事の再編集)をしていきます。

おそらく初めの方に書いた記事は自分でも恥ずかしくなるくらい読みにくい記事があるはずですので、それらの記事はリライトでなく削除して書き直してください。

新規に書き直してしまった方がクオリティも高くスピードも速いです。

収益化する為にブログを何か月も無駄に続ける前にできること


いつ稼げるか分からないからといってただ闇雲に記事を量産しても成果は現れないです。

この3つは絶対にやりましょう。

  • SNS集客
  • キーワード選定
  • PDCAを回しリライト

SNS集客

ドメインパワーが弱いうちは検索からの集客は見込めませんのでSNSを活用しましょう。

記事を書いたその日から宣伝できるのもSNSの強みです。

SNSの中でもツイッターとインスタはやるべきですね。

ツイッター・SNSはブログに限らずビジネスを行うなら必ず発信していきましょう。

キーワード選定

ブログにおけるキーワード選定は超大事

ここをおろそかにするとブログが伸びることは一生ありません。

あなたが調べ物や悩んでいる時にどういったワードで検索するのかよく考えましょう

PDCAをまわしてリライト

集客記事30を書き終えたら、よく見られている記事は何か、直帰率が高い記事は何かをチェックしてリライトしていきましょう。

『毎日やればいいんじゃないの?』

と思うかもしれませんが、人間自分が昨日描いた物を見ても文章等に違和感を持ちづらく客観視できません。

一定の期間を開けてからPDCAを回すことが大切です。