ブログ収益化でおすすめの方法!マネタイズの事例やタイミングなどまとめ


久しぶりにマネタイズとブログの売上の話を書きます。お金関係の最後の記事になるかと。

稼ぎ方は2つ。ソーシャルメディアを利用したものと検索エンジンを利用したものです。

結論から言うと、ソーシャルメディアの影響力を利用して稼ぐなら「コンテンツをブログだけでなくタイムラインにも出すやり方でネイティブアドを作成」。

検索流入からのアクセスで稼ぐなら「アフィリエイトがいいですよ」という話です。

アクセス数と収入は関係ない。1PVあたり0.4円ではない

これから紹介するのは、近年の「よそのコンテンツを盗んでソーシャル経由でアクセス集めましょう」みたいなとは異なるやり方です。

ちなみに、アクセス数と収益はあまり関係ないです。一般的にブログだと、1PVあたり0.4円と言われますが、それ以上の収益性は出せます。

ということで、メディア運営で稼ぐための方法を説明していきますので、読んでみてください。

この記事の内容は次の通りです。

  • 100万円の内訳はアフィリエイトがほとんど
  • BuzzFeedのネイティブアドで稼ぐ事例を参考に
  • SNSでブランド名、商品名を露出させることが肝に
  • メディアの月間アクセス数に加えて「SNSでのインプレッション数」も重要に
  • やっぱり検索流入はすごい!コンバージョンするぞ!
  • アドセンスとAmazonアフィリエイトの攻略法
  • まとめ
  • 100万円の内訳はアフィリエイトがほとんど

まず、当時の収入内訳を。

この記事を書いたのは2015年4月。報告したのは3月分の収入。当時は100万円ほどでしたね。

内訳は、グーグルアドセンス25万、アマゾン5万、ネイティヴアド(記事広告)15万、それ以外がアフィリエイト収入という感じでした。

つまり、アフィリエイトがメインの稼ぎ頭だったんですね。そうしたことを踏まえてこれから語るブログのマネタイズの話を読んでてみください。

アフィリエイトで大事なことは後半に書いていますので。

スポンサーリンク

BuzzFeedのネイティブアドで稼ぐ事例を参考に

まずは、ソーシャルメディアの強さを生かして稼ぐ「ネイティブアド」の説明から。

日本でもバイラルメディア、つまりSNSを中心にアクセスを獲得するメディアが流行っていますね。その走りが海外のBuzzFeedなんですが、ここが斬新な稼ぎ方をしているんです。

それが、コンテンツをSNSのタイムライン上に公開するというもの。

これ、SNS上に記事のURLではなくコンテンツそのものを公開しているんですよ。通常は、メディアにアクセスを集めてマネタイズしようとしますよね?

でも、そうじゃないんですよ。ソーシャルメディア上でコンテンツを完結させてるんです。

そして、これが可能なのは、ネイティブアド(記事広告)で稼いでいるからなんです。

SNSでブランド名、商品名を露出させることが肝に

つまり、企業からクリック数などに依存しない固定収入をもらっているから、SEOなどを気にせずにバンバン露出させることができるんです。

むしろ、広告主としては自分たちの商品が多くの人の目に触れるほうが嬉しいですから、両者にとって旨味のあるやり方なんです。

これは、SNSでのインプレッション数(人の目に触れる回数)という強みを生かした稼ぎ方なのです。

そして、このやり方が新しいメディアの稼ぎ方になっていくはずなんです。ユーザーの情報収集の手段はSNSに移っていますからね。

メディアの月間アクセス数に加えて「SNSでのインプレッション数」も重要に

なので、今後は、メディア自体の月間アクセス数だけでなく、Twitterでのインプレッション数やFacebookページのリーチ数もアピールしていく必要があります。

それによって、広告主からのネイティブアドを獲得できるようになります。

やっぱり検索流入はすごい!コンバージョンするぞ!

次に、検索流入からのアクセスで稼ぐ方法です。

これは、今まで語ってきたように、アフィリエイトがいいです。検索エンジン経由で来訪したユーザーは行動目的が明確なので、コンバージョンにつながりやすいのです。

SNSに出せる広告はユーザー属性を絞れますが、それでも検索エンジンほど明確な意志を持ったユーザーを捕まえる事はできないでしょう。それ故、ユーザーの行動が軽くなってしまうんです。

僕のブログでも同様のことが起きています。

検索エンジンから訪れたユーザーの方が、商品購入、会員登録などのコンバージョンに至りやすいです。

SNS経由で訪れるユーザーは電子書籍購入、アプリインストールなどの行動はとってくれますが、重めのアクションをとってくれません。

アドセンスとAmazonアフィリエイトの攻略法

ちなみに、ブログで稼ぎたいなら、グーグルアドセンスとAmazonはおまけと考えた方がいいです。やはり、アフィリエイトの方が収益性がいいので。

仮に、アドセンスで稼ぐとしたら、PCは記事上に1つ、記事下に2つ配置するのがオススメです。それだと収益性上がります。

スマホであれば、記事中にアドセンスを配置するのが現時点の最適解です。

ユーザーが読みにくくなる、という声もありますが、無料でユーザーは読んでいるんですから、それくらいは我慢してもらってもいいでしょう。

Amazonアフィリエイトはセール情報を武器にしよう

また、Amazonアフィリエイトですが、僕のように本好きであれば、Kindle本・コミックで稼ぐのがいいです。

Kindleであれば紹介料が8%と高いし、購買のハードルが低めなので。

また、漫画などはまとめ読みしてもらいやすいです。しかも、週末のKindleコミックセールと組み合わせると、売り上げがアップします。

なので、アフィリエイト以外のマネタイズとして、こうしたやり方もあると知っておきましょう。(副業時代は、アドセンスもAmazonも頑張ってました

まとめ

実際、これらの稼ぎ方で2015年3月は過去最高収益を記録しています。

しかも、イケダハヤトさんの収益を超えています(サロンの収益を除いた、記事広告とアフィリエイト収益の合計)。

それくらい、上記2つの稼ぎ方に注力するのは大事だと思いますので、メディア運営者はぜひとも実践してみてください。