アフィリブログで稼ぎを稼ぎたい!稼ぎってどれくらい?


アフィリブログで稼ぎを稼ぎたい!稼ぎってどれくらいか知りたくありませんか?

この記事では、アフィリブログで稼ぎをどれくらい稼いでいるのかを解説します。

この記事の内容は次の通りです。

私はブログアフィリ歴が5年で何とか稼げるようになりました。

そのノウハウを提供します。

今回は、アフィリブログで、どれくらい稼ぎが見込めるのか、なぜ稼ぎが安定しているのか調査を調査しました。

この記事があなたにとって参考になれば幸いです

アフィリブログで、稼ぎを稼ぎたい!

インターネットによる副業が盛んになり、すっかり「アフィリ」というビジネス活動も定着しました。一般的な意味としてのアフィリとは、自らが持つブログやホームページで企業のバナーを貼ったり、製品やサービスを紹介することで、お小遣い=副稼ぎを得る手段のこと。また、このアフィリを行う人のことを「アフィリエイター」と言います。

アフィリは匿名かつ副業としても成り立つため、もしかしたら、日頃一緒に仕事をしている同僚も、有名なブログを持っていてアフィリで副稼ぎを得ているかもしれません。私たちIT産業に身をおくとそのような情報を得ることも多く、こうした隠れアフィリエイターもすっかり多くなった印象があります。また、アフィリ広告稼ぎによるビジネスを生業とした企業も多く存在します。事実上、アフィリサイトの集合体で高収益をあげている企業による上場企業も出現しています。

しかしながら「副業で行うもの」「隠れて行うもの」という風潮もあるアフィリビジネスにおいて、なかなかそのような生の情報は散見されません。そこで本日は、稼いでいるアフィリエイターは、いくら稼ぎを得ているのか?なぜそんなに儲かるのか?といった、アフィリブログの深部に迫ってみたいと思います。

この記事を読んだ後に出来ること

本記事をご覧になったあと、ブログを用いたアフィリで著名アフィリエイターがどれくらいの稼ぎを得ているのか、またそうしたアフィリサイトの制作においてなぜワードプレス(ワードプレス)が有利なのか、理解し取り組み始めることができます。

アフィリブログの稼ぎってどれくらい?

さて早速生々しいリアルな3つのケースから、アフィリの実態に迫りたいと思います。匿名によるインタビューに基づきますので、サイト名称など伏せられている点はご理解を頂ければ幸いです。

ケース1:スマートフォンのソーシャルゲームの攻略&まとめサイトで月収15万円のケース

1ケースとしましては、最近ではスマートフォンのソーシャルゲームの攻略サイトのケースになります。TVCMも盛んに行われており、GoogleAppsランキングでも常に上位にランクインしているソーシャルゲームのまとめサイトとして後発かつ決して業界内でも有名ではないながら、月間80万PV(ページビュー)を稼ぎ、月収15万円を達成されています。ワードプレス(ワードプレス)にて一日5記事程度を追加しているようです。

副業として15万円を稼いでいれば、生活も潤いますし、日頃のサラリーマン生活もひとつの稼ぎに頼らないことでどこか自信を持って日々を送れますよね。

稼ぎの内訳としては、アフィリASPに登録しての提携企業の商品紹介やポイントサイトへの誘導のほか、GoogleAdsenseによるバナー掲載、Amazon.co.jpの「Amazonアソシエイト」(=アフィリ・プログラムのこと)への参加とバナー告知によるものだそうです。このソーシャルゲームまとめブログは、ゲームのイベント追加にあわせて攻略情報を配信するなど、精力的なブログ更新が求められますが、オーナー様もこのゲームを積極的に楽しみ、趣味と実益を兼ねた取り組みとなっているそうです。

ケース2:健康食品の紹介サイトで月収30万円のケース

1ケース目としては、有名なソーシャルゲームという社会の関心ごとが非常に高い「趣味」にフォーカスし、月間80万PVものアクセスを稼いでいますが、こちらのケースはなんと月間5万PV程度で、月収30万円を達成されています。

こちらのケースでは、健康食品のとあるキーワードでGoogle検索上位に表示されているブログになります。1ケース目は多くの人を集め、そのなかでバナーをクリックしてくれたら良いという運営方法をとっているのに対し、このアフィリブログでは、健康食品に興味があるひとを集客し、ほぼ全ての関心度の高い訪問ユーザーに対して提携企業の商品を薦めることで、高い収益率を誇っているそうです。

日々の更新はあまりなく、今では月に1回くらいしかホームページを更新しないのも、ケース1との大きな差ですね。その代わり、日頃から検索エンジンの順位アルゴリズムに対して最適化する「SEO対策」の情報収集を欠かさないとのこと。またSEO対策観点からワードプレス(ワードプレス)を利用中とのこと。

ケース3:「看護師求人」「引越し」などピンポイントなメディア運営で多角運営で月収100万円超のケース

3ケース目のご紹介はなんと月収100万円のアフィリエイター様。ただしこちらは、成功したアフィリの手法を横展開し、複数のサイトを運営していらっしゃいます。「看護師求人」「引越し」などピンポイントなメディアを所有・運営されていますが、細かなアフィリテーマの発掘や競合調査、ブログの記事更新などに何年も腐心され、アクションを起こし、いまの体制まで成長されているようですね。。

ここまで大きな稼ぎを持つと、もはや企業として成り立ちそうですが、実際に外注先として月何十万円かの出費をしてブログの更新やメンテナンスを行っているとのこと。複数のワードプレス(ワードプレス)に多種多様なプラグインの利用、独自のテーマ開発をされており、その開発水準は何年も継続されたなかで培われたようです。

アフィリブログの稼ぎが安定する事由

アフィリエイターの実情としてリアルな数字や運営ジャンルなどをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。月間15万円の稼ぎでも努力は相当分必要ですし、参入されるブログのテーマによってもその収益水準も決まるようです。月3万円、月5万円と積み重ねていくことにアフィリの特徴があると思います。

一方で、アフィリサイトは基本的に努力の積み重ね型で、一度上がった売上が下がることはもちろんあっても、基本的には稼ぎが安定する特徴もあるようです。

その事由として、「アフィリ稼ぎとは、アフィリブログのアクセス数とある程度比例する」「ブログ数を稼ぐには、基本的には検索エンジン(Google、Yahoo)からの流入を高める」といった法則があります。ホームページのアクセス数とは、8割以上が検索エンジン経由なのです。

アクセスの8割は検索エンジン経由!


すなわち、アフィリブログで稼ぎを得よう、と考えたときには、イコール「検索エンジンからの集客を最大化しよう」という活動と結びつきます。この、検索エンジンからの集客数を最大化することを「SEO(=search engine optimization)」と呼び、多くのウェブマスターの関心ごととなっています。

では、どのようなブログやホームページを作成すると、検索エンジン経由のアクセスが増え、また安定するのでしょうか。

ここでは考え方として「ビッグキーワードSEO」と「ロングテールSEO」という考え方の2つに分かれます。

皆が検索するビッグキーワードで上位化する!

ビッグキーワードで上位化すると、本当に膨大なアクセス数がホームページにもたらされます。例えば先のケースのなかでいえば「引越し」と検索して上位にでることができれば、それはとても大きな集客効果となります。膨大なトラフィックはそのぶん魅力的なアフィリ報酬を生み出し、多くの稼ぎ増をもたらすことは間違いありません。

しかしながらデメリットがあり、昨今のSEOではビッグキーワードで上位化することはとても困難です。また、もし上位化しても、それが安定的に上位化するためにはまた違った努力が必要で、本格的に事業として取り組まないとほとんどの場合は数週間で順位が入れ替わります。

そのため、ビッグキーワードであがっているうちは高稼ぎになるけども、そうではない期間は大幅に稼ぎが下がる、という事態になります。

ロングテールSEOで、広く細く、アクセスを集める!


一方でロングテールSEOというのは、「引越し 東京 激安」や「引越し 福岡 単身」など、細かなキーワードでたくさん上位化をすること。ひとつひとつのキーワードがもたらすアクセス数は、ビッグキーワードち比べると微々たるもの。具体的には、ビッグキーワード「引越し」で1位のときのアクセス数が100だとしたときに、ロングテールキーワードがもたらすアクセス数は0.5~1くらいでしょうか。しかしながら、本格的にロングテールSEOを成功させることで、これらの細かなキーワードでの上位化数は1000個や2000個を超えるケースもあり、さらに、ひとつひとつのキーワードでの順位上下はあるものの、総じてアクセス数は安定する傾向にあります。

アフィリブログによる稼ぎを期待され、集客を進める場合、やはり「ビッグキーワードSEO」は魅力的なので対策を検討したい一方、具体的なアクションとして「ロングテールSEO」の成功に向けて歩を進めるべきだと思います。

ここで読者の方に浮かばれる疑問としては、「ロングテールSEO」が安定稼ぎの鍵となることはわかったものの、それをどのように実現するのか?という点だと思います。ここで、ワードプレス(ワードプレス)というブログシステムが登場します。

プロのアフィリエイターが、ワードプレス(ワードプレス)を活用する事由

前述にあげた3ケースとも皆さまのケースでワードプレス(ワードプレス)が活用されていました。また、アフィリブログやメディアを運用する方で、現在ワードプレス(ワードプレス)以外の仕組みを採用しているホームページを見つけるほうが珍しいほど、ワードプレス(ワードプレス)は普及しています。

読者の皆様に置かれましても、アフィリブログに新しく取り組みたい場合、特にワードプレス(ワードプレス)を採用されることを推奨します。

では、なぜプロのアフィリエイターが、ワードプレス(ワードプレス)を活用するのでしょうか。

事由1、簡単にブログやホームページが作れる!

ワードプレス(ワードプレス)がよく採用される事由のひとつとして、簡単にブログやホームページが構築できる点があります。一般的にはホームページをつくるとなると、デザイン・コーディングといったプロのクリエイターが行う制作を行わなければいけません。また、ホームページを閲覧する側の目も肥えてきているので、あまり見栄えのよくないホームページでは、集客したあともすぐ「戻るボタン」を押されてしまいます。

もしワードプレス(ワードプレス)がなければ、一般的に必要であるこれらブログとしての最低限の機能は、自分でゼロから構築しなければいけません。

■人気記事への誘導を随時行えるように更新。

■記事を追加したら、全ページからきちんとアクセスできるように、「最新記事一覧」の機能を追加

■ブログ記事一覧や、関連する記事など、サイト内回遊を促す仕組みの構築

■スマートフォン対応(現在ではスマートフォン経由アクセスが5割を超えるケースも多数!)

■SEO対策のために、タグを埋め込んだり、サイトマップをGoogleに送信する

上記の他にももちろん様々な取り組みがありますが、これらすべてワードプレス(ワードプレス)が「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレートや、機能を簡単に追加できる「プラグイン」といった機能で、驚くほど簡単に構築することができるのです。

事由2、ロングテールSEOにとても効く!

さて上記のような「簡単にホームページが作れる」という機能だけれあれば、無料ブログソフトや、著名なホームページ構築ソフトなどを使うこともできるため、ワードプレス(ワードプレス)だけの特徴ではありません。それでもワードプレス(ワードプレス)が選ばれる事由としては、ロングテールSEOにとても良い!という点が認められていることに尽きます。

まず、ロングテールSEOするためには大量のキーワードを狙って意図的にブログ記事を書く必要があります。

それも、やはり数百記事を狙って量の勝負になることもあるので、やはりブログが最適になりますが、もしロングテールSEOを行う場合、アップした記事ひとつひとつに下記のような設定が必要になります。(※また、2015年4月現在、日本の2大検索エンジンであるYahoo!JAPANとGoogleがありますが、Yahoo!JAPANは検索エンジンのアルゴリズムでGoogleを採用しているため、事実上「Google用の SEO」を極めていく流れとなります。)

■すべての記事に、タイトルタグ、METAタグを記述する。全てのページで同じ内容を記述すると、Googleにウェブマスターツールを通じて指摘されるため、全てのページできちんとそのページの内容を表したユニークなものを設定する

■H1タグ、H2タグを設定し、文書構造を意識したマークアップを行う

■記事ごとに、きちんとオリジナルコンテンツが設置され、また画像を設置し、よりリッチなコンテンツに仕上げていくことが好ましいと言われている

■記事を追加したら、サイトマップに追加し、最新情報等のリンクから辿れるようにリンクも設置し、またPINGを送信してGoogleのインデックスを促進するよ良いと言われている

■Googleが主導し定める形式によるパンくずを設置し、適切なカテゴリー分けのもと、「パンくず」を表示する

■Googleはソーシャルシグナルを見ていると言われているため、1記事ごとに、その記事をシェアできるFacebookボタンやTwitterボタンなどを設置するとより良い

もちろん諸説あるのですが、ひとつひとつの記事に対して、コンテンツをアップするだけではもはやダメで、こうした周辺作業を丁寧に設置していく必要があります。それも、正しいコーディング記述のもとで行う必要があります。

ワードプレス(ワードプレス)はこれらSEO対策に必要な細かい作業を、一度プラグインなどで設定すればほぼ自動で行ってくれます。「文書構造を意識したマークアップを行う」といった箇所も、マイクロソフト「Word」のように直感的に文字サイズを大きく見出し付けしたり、画像を設置するだけで、ブログ記事を追加すると勝手に設定をしてくれます。

そのため、ワードプレス(ワードプレス)によるアフィリブログの設置の場合、ブログオーナーとしては、ただ記事を執筆することに集中するだけで、ロングテールSEOが期待できると言っても過言ではないほど、洗練された検索エンジン最適化の効果を得ることができます。