初心者が稼ぐためのブログアフィリの種別と分類方法について!


初心者が稼ぐためのブログアフィリの種別と分類方法について知りたくありませんか?

この記事では、初心者が稼ぐためのブログアフィリの種別と分類方法について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

 今回は、ブログメインのアフィリの種別と方法をまとめました。

また、ブログをメインにしたアフィリの方法について紹介します。誰にでもはじめられる方法ですし、他の媒体を使用するようになっても根幹となるブログの構築はかかせません。ぜひじっくりと取り組んでみてください。

この記事があなたにとって参考になれば幸いです

ブログアフィリの種別と分類方法

アフィリの種別といっても、その種別の分け方そのものがたくさんあります(^^)初心者のうちは、媒体も種別も手法も分野もごちゃごちゃになって???ですよね、まず分類方法について簡単にまとめました、参照ください。

媒体(広告を載せる場所)による分類

■ブログ:有料サービスの使用がメインですWordpressなどを使用して構築します(有料のレンタルサーバー使用や独自ドメイの取得が推奨です)

Youtube:グーグル社により運営されている動画共有サイトです、登録をすると無料で使用できます。動画を撮影&編集するシステムが必須です(最近ではスマフォでも可能です)

■メルマガ
:専用のメルマガスタンド(メールを配信する仕組みをもったサービス)を使用します、有料のメルマガスタンドの契約が推奨です。独自ドメインのメールアドレスもあったほうがいいです。

■無料レポート:専用のレポートスタンド(有料プランあり)と契約します、PDFや動画データ等でやり方などのレポートを成作し配布します。

■SNS
:TwitterやFacebook,InstagramといったSNSサービスを使用、それぞれのサービスは無料です。それぞれに登録が必須です。スマフォがあればできます。

広告する物による分類

■物販アフィリ:手に取れるもの(物)全般です。Amazonや楽天市場等で売られているものを広告します。
例)楽天,アマゾン等のアフィリサービスを使用:リンク広告を設置するだけなので初心者向けです

■情報商材アフィリ:デジタルのデータ(電子商材と言われるもの)や印刷されたマニュアル等形は色々ありますが、手にもてない物(やり方や知識、情報)が商品です。
例)インフォトップ,インフォカート等のASPを使用:メルマガやLP(販売専用ページ)の成作が必須です。

独特の方法によるアフィリ

■GoogoleAdsense:Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスです。広告の表示回数やクリックされた回数により報酬が発生します。審査通過の必須な登録をします。

■リスティングアフィリ:リスティング広告と言われるお金を掛けて自分のサイトを目立つ位置に表示して集客する方法です。集客の方法なのでその先になんらかのアフィリを用意する必須があります。以下の2つが有名です。
•「PPCアフィリ」…Googleの検索キーワードで上位に表示してもらう
•「YDNアフィリ」…Yahoo!の提携サイトに表示してもらう

分野による分類

ブログの内容になにを書くかによる分類です

トレンドブログ:トレンドを記事にします(^^)。トレンドとは?いわゆる話題を集める、多くの聴衆が興味をもつ可能性のあるネタを記事にします。芸能人のニュースや、話題のテレビドラマや映画の情報、イベントなどのまとめ記事等、いわゆる「流行り記事」です。
例)芸能,ニュース:記事内容は雑多です、分野を絞らず幅広くが一般的です。

 特徴)時事的な話題の情報を記事にするので、一時的に多くのアクセスが見込めるのが大きな魅了です。Googleアドセンスなどのクリック型広告との相性が良いです。
チャンスがあれば、記事数や経歴に関係なく多くのお客様を集めることもでき、爆発的なPVも期待できます。これにより初期段階で高額の収益を得られる可能性があります。ただしデメリットとして、流行が去った時にはアクセスつまり収益が落ち込んでしまいます。常に新しい話題を探しブログを書き続ける必須があります。

■趣味ブログ:自分の好きなことや得意なことを題材にして記事を書きます、ある程度分野を絞ってやり方やお勧め物品のレポートなどを書くことが多いです。
例)料理,ガーデニング,釣り,登山 :多彩です大きなくくりの分野や絞った分野等色々です。

 特徴)ある程度の記事数が必須でお客様やPV(閲覧数)が集まるまで時間がかかります、ただ一旦ある程度のお客様が確保できれば、PVも長期的に安定し、収益も変動が少ないです。作り上げてファンを多く集めることができるブログになれば、不労所得(ブログの更新や新規成作をしなくても収入が発生しつづける状態)を得ることもできます。お客様に役立つ記事をコツコツ書くことで資産となるブログを成作することができる分野です。

■やり方(情報商材向け)ブログ:やり方系の情報商材の販売を目的としたブログです、LPと呼ばれる販売専用ページやメルマガと連携される場合が多いです。ブログの内容は販売する商材に関連したやり方やマインド、知識、情報などです。
例)アフィリ,転売,投資系(株式やFX),資格や技術:ビジネスの手法に関するもの、つまりお金儲けに繋がる物が多いです。

 特徴)情報商材の魅力は報酬額の高さです、1件の報酬が1万円を超えるものも多くあり、メルマガやLPと連携することで高い成約率も望めます。つまり高額報酬を望める分野です。ただしメルマガ構築やLP成作のスキルや、購入に結びつけるためのやり方が必須です。

分野の選び方による分類

■雑記型:分野を絞らない、好きなことを書く、なんでも書くというスタンス。特に絞れる分野や趣味等のない人はまずここから。多種多様なお客様を集める利点があるが、デメリットとしてその記事だけ読んだらお客様は去ってしまう傾向にあり、ブログ内を回遊してもらえないことが多い。

■特化型:分野を絞る、ある特定の内容に特化した記事を書く。趣味ブログややり方ブログに多い。一度ファンになればリピートされる場合も多い、一つの記事で訪れたお客様が他の記事や紹介アフィリも観る可能性が高い。

一見広く浅い雑記型の方がお客様が集まり安いように思われますが、ターゲットを絞った特化型はファンを作りやすく、継続的にお客様を集めることができます。どちらか一つに絞る必須はないので、初めのうちは両方ミックスして記事を書き始めることもお勧めです。

報酬の発生方法による分類

■成果報酬型アフィリ:商品が購入されたり、会員サービスに登録されたり、成果が確定した時点で報酬が発生します。

■クリック保証型アフィリ:掲載したバナーのクリック数によって報酬がもらえる方式です。

インプレッション型アフィリ:広告の表示回数によって報酬がもらえる方式です。(クリックされなくてもいい)

ブログアフィリで使用できるのは

上記の分類項目で、ブログメインのアフィリで使用できるのは以下です。

■物販アフィリ
■GoogoleAdsense
■リスティングアフィリ(上級者向き)
トレンドアフィリ
■趣味ブログ
■雑記型
■特化型
■成果報酬型アフィリ
■クリック保証型(&インプレッション型)アフィリ

これをもう少しわかりやすく記載してみます
↓↓↓↓↓↓↓

ブログメインのアフィリの使用方法
<ブログの内容>
■趣味■特化型 
トレンド■雑記型 
どちらかを選択する、または適当に混ぜる

<使用するアフィリ>
■物販アフィリ(=■成果報酬型)
■GoogoleAdsense(=■クリック保証型&インプレッション型)
これらを組み合わせる

初心者に勧めるブログアフィリ

ということでもっとわかりやすく図解してみました。
りんごが「初心者にお勧めするブログメインのアフィリの図」です。



*実際のブログは記事部分やサイドバーのその他のリンクがもっとたくさんあります(このサイトapplired.net は趣味ブログではないですが、似たような構成です(^^)参照ください)

各広告の種別と内容

①アドセンス:リンク広告(ヘッダー下・タイトル下・最初の見出し上)
*GoogleAdSenseのリンク広告
②アドセンス:記事内広告(記事内)
*GoogleAdSenseの記事内広告
③楽天:広告(記事内)
*ブログの記事に書いた商品や関連商品を楽天市場で探して商品のアフィリリンクを成作します。
④楽天:モーションウイジェット(記事下)
*楽天のプログラムを使用します、観る人ごとにその人の興味のある商品が表示されます。
⑤アドセンス:関連コンテンツ(関連コンテンツ上)
*GoogleAdSenseの関連コンテンツ
*関連コンテンツは表示の承認が必須です
⑥楽天:アフィエイトバナー(サイドバー)
*楽天のプログラムを使用します、季節ごとやインベントごに自動で内容が表示されます。
⑦アドセンス:ディスプレイ広告(サイドバー)
*GoogleAdSenseのディスプレイ広告
⑧アマゾン:広告(サイドバー)
*アマゾオンのプログムを使用します。
⑨A8.net:広告(サイドバー)
*A8.netの商品(例:エックスサーバー)等の商品リンクを貼ります。

③だけ、記事の中に貼ります(その記事だけの特定のリンクです)あとは全てウイジェットに設置して、どの記事にも表示されるようにします

ブログの分野は趣味ブログ+雑記ネタの混合がお勧め

図解では、ブログの分野として「趣味ブログ」としていますが、メインとなる趣味についての記事がそれほど思いつかない場合は、「雑記ブログ」と混合するのがおすすめです。「趣味ブログ」のタイトルを打ち出しつつも、「日記」や「雑記」のカテゴリーを成作して、趣味の内容とは無関係なことも記事にかける状態を作ります。

 なぜこんなことをするのか?

それは、ブログ記事を「なるべく頻繁に書く」、「たくさん書く」ためです。初心者の時、特にスタートしたばかりの時は、記事になにを書けばいいのかがさだまらず、なかなか記事がかけません。

 特化した記事が書けないよりは、なんでもいいので書いたほうがまし!(^^)

ということです、雑記や日記として思いついたことを書く、とにかく記事を書く、という習慣をつけてください。なにかしらの記事がだれかの心に止まって検索されり、コメントなどの反応があれば励みになります。

*もちろん、「趣味ブログ」のネタに困らない、ターゲットも絞って記事をバンバン書けるのであれば、そちらで頑張ることをお勧めします。ターゲットを絞ってコンセプトをしっかり打ち出せば、必ず訪れて欲しいお客様が集まります、巡り会いたい仲間とも出会うことができますよ!^